沢尻エリカ 費用高すぎて転院!山口達也静養した心療内科へ
大河ドラマ『麒麟がくる』クランクイン直前の沢尻。

11月16日に合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ(33)。12月6日に保釈されて以降、公の場に姿を現してはいない。

 

そんななか、薬物依存からの脱却を目指して都内の病院へと入院した沢尻。選んだのは超VIPな病院だった。

 

「特別個室も用意されており、高級ホテルのスイートルームのような豪華さだそうです。その分、費用も高め。1泊20万円以上かかるといわれています。薬物治療の入院は、通常2カ月以上かかるともいわれています。総額1千万円は超えることになるでしょう」(芸能関係者)

 

事件による損害賠償額が20億円ともいわれている沢尻。さらに高額な入院費用がかかるとあって、最近は転院を計画しているという。

 

「場所は、関東近郊にある心療内科専門の病院。プライバシー保護が徹底されていることから政治家や芸能人に人気で、最近だと元TOKIOの山口達也さん(47)も静養していました。ここの施設も超豪華で、トレーニングルームやスパが完備。さらにはアロママッサージなども受けられるそうです。にもかかわらず、費用は1泊1万円程度。長期療養も視野に入れているため、治療計画の見直しを考えていると聞きました」(前出・芸能関係者)

 

12月13日、所属事務所は沢尻の現在についてこう発表した。

 

《家族や弊社も支援しながら、日々更生に向けて医師の皆様の指導を受けて真摯に努力しております》

 

治療を受けることで、沢尻は支えてくれる家族に笑顔を取り戻すことができるのだろうか――。

 

「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載

関連カテゴリー: