V6 ジャニーズ初の偉業へ!客席半分でも25周年ツアー決行か
15年に開かれた20周年ツアーでのV6。 画像を見る

「坂本さんは『25周年はファンに心からありがとうを言いたい』と話しているといいます。三宅さんも昨年から曲順を考え、メンバーも25周年ライブを楽しみにしています」(音楽関係者)

 

緊急事態宣言解除から1カ月を迎えるが、新型コロナウイルスはエンタメ業界に深い爪痕を残したままだ。ジャニーズ事務所では、関ジャニ∞やSexy Zoneらが予定していたツアーの延期を発表。活動休止が迫る嵐も国立競技場でのライブ延期を決断した。

 

そんな逆風のなか、ライブへの情熱を燃やしているのが、今年でデビュー25周年を迎えるV6だ。リーダーの坂本昌行(48)は、ライブへの意気込みをこう語っていた。

 

《25周年のシングルはもちろんですけど、ライブもぜひやりたいなと思って、みんなで考えて動いてますけど、コロナウイルスの影響でオリンピックも延期になりましたし、どういう状況になるかわからないので……。でも、準備だけはしっかりやって、いつでもGOできる状態にしておきたいと思っています》(『週刊朝日』4月24日号)

 

ここ10年は、ツアーを数年に一度に絞るなど、グループよりも個々での活動が目立っていたV6。しかし、メンバーの誰もがV6を“ホーム”と思い、大切にしているという。

 

「長野博さん(47)はグルメ本を出版するほどの食通で、井ノ原快彦さん(44)は数々の番組でMCを務めています。また、坂本さんと三宅健さん(40)と森田剛さん(41)は舞台、岡田准一さん(39)は映画を中心に役者として活躍しています。

 

ですが、メンバー同士の空気感は今も昔も全く変わっていません。冗談も言い合うし、結婚しているメンバー同士で家族の話も普通にしています。全員が“個人の活動は全てV6に還元するため”という共通認識を持っているそうです。だからこそ、25周年ライブの実施に向けてメンバーが一丸となっているのです」(前出・音楽関係者)

 

そんなメンバーのなかでも、とりわけ貪欲な姿勢を見せているのが三宅だ。

 

次ページ >客席半分でも進む25周年ツアー計画

【関連画像】

関連カテゴリー: