小栗旬 大河に日曜劇場も!不惑目前で主演の起用が続く理由
画像を見る

10月30日に公開された映画『罪の声』で、主役の新聞記者を演じた小栗旬(37)。12月1に発表された「第45回報知映画賞」では主演男優賞を受賞した。スポーツ報知によると、小栗が主要な映画賞で個人賞をとるのは初めてだという。

 

これまで出演した映画は40本を超え、主演にも10本以上起用されてきた小栗。’21年10月期に放送予定のTBS日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』では、およそ11年ぶりの主演に抜擢。ハリウッド初進出作品となる、『ゴジラVSコング』も公開が控えている。

 

さらに’22年に放送されるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』でも、主役の北条義時を演じることが発表されたばかりだ。

 

40歳を目前に、順風に帆を上げている小栗。ある制作関係者は、小栗への期待をこう語る。

 

「コロナ禍が長期化していることもあり、『日本沈没』について一部では否定的な声も上がりました。ですがストーリーは、困難に立ち向かう人々の“強さ”や“希望”を描いたもの。数々の主演を経験された小栗さんの演技力で、視聴者を元気づけるよう期待が込められています」

 

各メディアによると、『鎌倉殿の13人』を手がける三谷幸喜氏(59)とは「互いの代表作にしよう」と意気投合しているという小栗。三谷氏は「小栗さん主演の大河は僕が見たかった」とし、「役をつかむのが上手な方で、芝居にウソがない」と高く評価しているという。

 

次ページ >不惑を迎えるにあたって円熟味が増しているという

関連カテゴリー: