宇多田ヒカル「ノンバイナリー」公表とLGBT、そして“QIA+”とは
画像を見る

6月26日、宇多田ヒカル(38)がインスタライブ中に自身が「ノンバイナリー」であることを公表した。聞き慣れない言葉に、「どういう意味?」と疑問に思った人も多いだろう――。

 

「性別を男性・女性の二択で分類することを『ジェンダーバイナリー』と言います。『ノンバイナリー』とは、自認する『性』と『表現』に男女の枠組みをあてはめないセクシュアリティのこと。あくまでも性自認(こころの性)や性表現(ふるまう性)を指す言葉であり、性的指向(恋愛対象)とは別の話です」(以下、「」内は全て村上さん)

 

そう説明するのは、25年間ゲイシーンを牽引してきた雑誌『Badi』の最後の編集長で、現在は『newTOKYO』編集長を務める村上ひろしさん。『newTOKYO』はひとつのジャンルや世界観にとらわれず、気になる最新ニュースやLGBTカルチャーを発信するライフスタイルマガジンだ。

 

宇多田がカミングアウトしたのは、ちょうどプライド月間(Pride Month)さなかのタイミングだった。プライド月間とは毎年6月の1か月間のことで、LGBTをはじめとするセクシュアルマイノリティ(性的少数者)の権利を求めるイベントが世界各地で行われる。

 

1969年6月28日、アメリカ・ニューヨークにあるゲイバー「ストーンウォール・イン」で、セクシュアルマイノリティ当事者らが初めて真っ向から警察に立ち向かい、暴動となった事件がプライド月間の発祥だ。プライド月間は1970年代前半以降続いており、伝統のある運動となっている。

 

宇多田の「ノンバイナリー」公表は性的指向のカミングアウトだと混同されがちだが、「自分は自分であり、男や女などの価値観では生きていないと発言しただけだ」と村上さんは考える。近年だと、小学生のランドセルは「男の子は黒、女の子は赤」という固定概念がなくなり、好きな色を選べるようになった感覚が近いという。

 

■そもそも、セクシュアリティには4つのタイプが

 

4つのタイプの組み合わせで、カテゴライズが変わってくるという。

 

【身体的性】からだの性。生まれながらに定められている性別
【性自認】こころの性。自分がどのような性を自認しているのか
【性表現】ふるまう性。自分が表現したい性
【性的指向】好きになる性。どのような性に恋愛感情や性的感情を抱くか

 

上記の組み合わせで、呼び方も変わる。村上さんによると、Facebookアメリカ版の性別欄には58種類の記載があり、タイ版の性別欄には18種類の記載があるそうだ。

 

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: