LiSA 鈴木達央の自殺未遂報道に相次ぐ同情「なんで夫が…」「可哀想すぎ」
19年の紅白で『紅蓮華』を絶唱するLiSA。 画像を見る

7月30日に「文春オンライン」で、夫で声優の鈴木達央(37)に“自宅連れ込み不倫”が報じられた歌手のLiSA(34)。

 

報道当時はアリーナツアーの真っ只中であったが、8月7日、8日に予定していた福岡公演は急遽中止となった。その理由について、《心身疲労により一定期間の静養が必要と判断しましたため、一部の活動を休止し、静養させて頂くことと致しました》と公式サイトで発表されたのだった。

 

いっぽう鈴木もLiSAと同じタイミングで、体調不良を理由に所属事務所が活動休止を発表。自身の言葉では説明することなく、沈黙を貫く鈴木を訝しむファンもいたという。

 

「彼は公開前のアニメ『Free!』の新曲デモテープを、不倫相手に聞かせていたのです。本作は京都アニメーションが制作し、9月に劇場版最新作が公開予定でした。鈴木さんがボーカルを務めるバンド・OLDCODEXが主題歌を担当し、彼も人気キャラクター・橘真琴を演じていました。そのため『作品に傷をつけた』『プロとして失格』という声が上がっていたのです。結局、楽曲はお蔵入りとなり予告映像も公開中止となりました」(制作会社関係者)

 

次ページ >次は自殺未遂…重なるLiSAの心労

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: