note逆に、たまには人の考えや誘いに乗ってみるのもいいのでしょうか。
Is0n8382 大橋:そうそう、それはありますよね。それと、歌手としての自分を客観視した自分の声よりも、他人のほうがもっと違った意味で客観的に見てくれていて、私の知らない部分を知っているというのも気づいた。あと、自分が好きなものは必ずしも人が全員好きとは限らないっていう(笑)。これは歌手に限らずね。

noteそういう経験を通して、大橋さんの座右の銘、教訓のようなものはありますか?
大橋:私は若いときから経験主義で、とりあえず、まずは何でもやってみよう!ってところがあるんです。若いときは経験がないんだから、知らないことだらけなのよ。それに、今の若い人は情報があふれているせいで、みんな頭でっかち。また、年をとればキャリアがある分、積み上げた経験でやる前から決めつけてしまうこともあるんです。でも、やっぱりね、やってみなきゃわからないの。私が歌を一度やめて、やっぱり好きなことがわかって戻ってきたように、自分の経験で一つだけ自慢できるのは、間違ったと思ったらすぐに引き返す勇気があったこと。経験主義というのはそういうことなんです。

note間違ったと知っても引き返せないこともあるんでしょうね。
大橋:若いときは意地、キャリアを積んできたら今度はプライド、大人として曲げられない、というようなしがらみから引き返せなかったりするわけ。でも、そうすると間違いがさらに大きくなってしまうんですよ。他人のアドバイスや本に書かれていることを鵜呑みにする必要もないけど、大人だからこそ、間違った!と思ったらもう1回原点に戻って、そうかあの人はこういうことを言っていたとか、読んだ本にそう書いてあったな、と照らし合わしてありがとうを言うことができるんです。

flair大橋純子さんのインタビューの続きは明日!

camera撮影/桑原 靖