「私、婚活のイベントには100回ほど参加しました。いまでは経験を生かして、故郷の新潟で婚活パーティのプロデュースをさせてもらっています。うふ!」

 

こう語るのは7月20日、自身の婚活経験を綴った著書『追い込み婚のすべて』(光文社)を出版した横澤夏子(28)。発売日は、28歳になった彼女の誕生日であり、入籍1周年を迎えた記念日だ。ところで、“追い込み婚”とはどういう意味?

 

「これは結婚しようと決意した私が、21歳から6年間、婚活パーティに参加し、あの手この手を使って、意中の男性を羽交い絞めにし、軟禁(結婚)に“追い込んだ”結婚手法のことなんです(笑)」(横澤・以下同)

 

’15年の国勢調査では、50歳まで一度も結婚をしたことがない「生涯未婚率」が男性23%、女性14%と過去最高を更新。そのなかで、「出会いがない」「婚活に疲れた」と、結婚に悩める若者たちも増えているという。

 

「私は、地元の友人たちの結婚が早かったことにコンプレックスを抱いて婚活を始めました。でも、自分のいちばんの比較対象は母でしたね。うちの母は24歳で父と結婚して、26歳で私を産んでいます。だから友達が24歳で結婚したことより、母が結婚した年なのに私はまだできてない……と」

 

もしかしたら、婚活に頑張る読者の皆さんの息子、娘も同じ悩みを抱えているかもしれない……。

 

多くの婚活イベントに参加してきた横澤。すべてがよい出会いの場ではなかった。

 

「最初の20回ぐらいは、職業欄に『芸人』と書いて、『よしもとって給料500円ってホント?』みたいな話だけで終わって……。真冬にテロッテロのサテンの服を着てきた人もいて、その人は『好きな人に好かれる魔術がある』と話す職業魔術師でした。『じゃあ、かけてみて』というと、『いや、好きになられても困るから』って。告白もしていないのにふられたことも。きぃーっ!」

 

そして、「関東近郊出身、次男坊」という“究極の理想”をかかげ、1年に1度は、フラれても告白をすると自分で決めた。

 

「実家の新潟まですぐに帰省できるし、2番目の子どもは上を見て育っているから要領がいい。理想の人と結婚するためには、ズルズル先がないのはダメ。私は3度目のデートで、究極の3択(〈1〉結婚〈2〉付き合う〈3〉二度と会わない)クイズを出しました」

 

そして、とうとう今のご主人と出会い、昨年結婚を果たした。

 

「彼は私が芸人であることも知らなくて、普通の感覚で話せたのもよかったです。まあ、彼は関東出身の“長男坊”だったんですけどね!」

関連タグ: