(C)2018「劇場版コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―」製作委員会

’08年7月にスタートした、山下智久主演の医療ドラマ『コード・ブルー —ドクターヘリ緊急救命—』(フジテレビ系)は、最高視聴率21.2%とヒット。続く’09年1月にはスペシャル版が放送され、23.1%を記録。

 

’10年の1月期には2ndシーズン、さらに7年後の’17年7月には、3rdシーズンが放送された。連続ドラマはどれも、同クール内で「視聴率1位」を獲得した大人気ドラマだ。若き4人のフライトドクター候補生の医師と、1人の看護師の成長を描き、実際にドクターヘリの全国普及にも一役買った。

 

そして、10年間の集大成として7月27日、劇場版『コード・ブルー』(全国東宝系)が公開。

 

数多くある医療ドラマのなかでも、10年愛され続けてきた理由を、ドラマウォッチャーの田幸和歌子さんはこう分析する。

 

「地震や災害、大事故が絵空事ではない時代。救える命よりも救えない命のほうが多いというリアルな救命医療の現実と、命の重さを描いている。すべてのシリーズのクライマックスには、“大災害”で救急に向かう場面があります。そして、常に“半人前”のフェロー(フライトドクター候補生)の葛藤と成長を描き、すごい天才ドクター1人で救えるエンタメものではないということ。3rdシーズンでは彼らが指導する側になりましたが、指導者としても半人前、リーダーとしてまだまだ半人前だった。そんな彼らに、人生のどの段階でも一人前にはなりきれない私たちがすごく共感できるんです」(田幸さん・以下同)

 

田幸さんは名場面として、1stシーズンの「藍沢と祖母」のシーンを挙げる。

 

「藍沢(山下)は不幸な生い立ちで、唯一の身内だった祖母が一時的に認知症になり、自分のことがわからなくなる切なさを味わいます。それでもやがて祖母を施設に見送りますが、『俺は孤独じゃなかった。ありがとう、ばあちゃん』と、感謝を伝える。凄惨な災害だけではなく、ドラマの根底には親子、家族、師弟、友情、恋愛と、深い人間愛も流れています。それが、高視聴率を維持したいちばんの“人気の秘訣”なのかもしれません」

 

映画では、藍沢と白石(新垣結衣)の間に“愛”が生まれるのでは!? と大胆予想する田幸さん。果たして5人の行方は——。