「ドナと3人の男性の間には本当は何があったの? そんな疑問を持っていた方は『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』でぜひ謎解きを。前作『マンマ・ミーア!』はただただ楽しく、本作はじんわりくる。家族の絆がより強く感じられます。さらにシェールがあんな形で登場するとは! 見る者の期待をはるかに超えますよ」

 

こう語るのは、女優の濱田めぐみ(46)。’95年より15年間、劇団四季の看板女優として活躍。現在、舞台『新感線☆RS「メタルマクベス」disc1』(8月31日まで)の出演を終えたばかりだ。

 

『マンマ・ミーア』の10年ぶりとなる続編『マンマ・ミーア ヒア・ウィー・ゴー』(全国公開中)が早くも大ヒット♪ 近年、ミュージカル映画の成功ぶりが目覚ましいが、舞台とは違う魅力とは?

 

「『ウエスト・サイド物語』『コーラスライン』といった“ザ・ブロードウエー”作品が大好きで、小学生のときから何度も繰り返し見ました。『キャバレー』は作品の退廃的な雰囲気と時代背景が相まって子供心をえぐられた記憶も。ミュージカル映画は、容姿や声、話し方までイメージどおりの役者をキャスティングできるのが最大の利点だと思います。世界観を作り込める分、舞台より完成度が高いとも言える。一方の舞台は、役のパターンも演出もいろいろな可能性を見られる点が面白いのではないでしょうか。ライブだからこその臨場感はいちばんの醍醐味です」(濱田・以下同))

 

そんな、ミュージカルを知り尽くした濱田がミュージカルの素晴らしさを満喫できる、おすすめ作品を紹介してくれた。

 

■『ウエスト・サイド物語』

 

 

アカデミー賞10部門に輝く映画音楽の金字塔。2つの若者グループの抗争と悲恋の物語。

 

「『アメリカ』を歌い踊る女性たちのカッコよさと生きていく強さに憧れました」

 

■『ドリームガールズ』

 

スターを夢見るコーラスガールたちの成功と挫折の物語。モデルは伝説の「ザ・スプリームス」。

 

「楽曲がいいし、グラミー賞受賞歌手のビヨンセ・ノウルズやジェニファー・ハドソンをはじめとするキャストの歌が素晴らしくて。映画でも、舞台でも、ぜひ、チャレンジしてみたいと思う作品の一つです」

 

■『美女と野獣』

 

不朽の名作アニメを完璧に実写化。野獣の姿に変えられた王子が真実の愛を見つける物語。

 

「実写版でマダム・ド・ガルドローブの吹き替えを担当したとき、ポット夫人もチップも『そのまんまだ!』とビックリ(笑)。オリジナルアニメの世界観を忠実に再現し、より色鮮やかに見せたところが巧みです!」