米サウスカロライナ州のヒルトンヘッドアイランドで、犬を散歩させていた女性がワニに襲われ、命を落とした。TIMEなど米国の複数のメディアが伝えている。

 

当局の発表によると、カサンドラ・クライン(45)はヒルトンヘッドアイランドに位置するシー・パイン・リゾートの住宅エリアで飼い犬を散歩させていた。そこに体長約2メートルのワニが現れてクラインを水中に引きずり込んだという。

 

サウスカロライナ州自然保護局のサム・チャパリアは地元紙の取材に対し、「ワニは最初、犬を狙ったはず。それを彼女がかばい、犠牲になったと思われます」と語った。このワニは間もなく安楽死させられた。

 

同リゾートに住むブレイク・スミスは「ここに5年住んでいますが、こんな近くに危険なワニが存在するなんて初めて聞きました」と驚きを隠せない様子。これまでに小さなワニが見つかったケースは何度かあったものの、リゾートの管理会社が速やかに駆除していた。

 

勇気ある女性が身を挺して守った飼い犬は無傷で発見されたという。

関連タグ: