【前回までのあらすじ】
肌荒れアラサー記者・吉田(委員長)が汗と涙と根性で

京都風美肌をめざすサクセスストーリー。

詳細は第1回~第7回までをお読みくださいってんだちきしょうめ(やさぐれ)。

:うちの会社では、大手町パーククリニックさんで

『絹羽二重珠の肌パフ』の有用性の調査を行ったんですよ。

これは美容雑貨としては、非常に珍しいトライアルなんです。

なんせ、化粧品ではなく、あくまでも「雑貨」な訳ですから・・・

そやけど、「単なる雑貨ちゃうし~」というのを、きちんと証明したくてね・・。

:実際にモニターさんに使ってもらったんですか。

:そう。25~55歳の女性、「普通肌」、

普段のお手入れに時間をかけられない方10名を対象として、

今年3月15日(土)~29日(土)の2週間、モニター調査をしたのよ。

:私たちと同じような、ごく普通の女性たちですね。

:そう。エステや美容外科に通っている人たちは除外しました。

モニターさんの中には生理期間を含む人や、

睡眠不足気味など、決してお肌の状態がベストじゃない人もいました。

10人中8人が、生理や頭痛など、期間中なにかしらの

バッドコンディションを抱えていたんです。

Photo_5

:女子は体調の変化が様々ですからね。して、結果は?

:パフの効果を4項目について測定したんですけど、

その4つ、

①きめ ②目立つ毛穴数 ③明るさ(くすみ) ④水分値 

について、ご紹介しますね。

まあ吉田さん、これをご覧なさい。

Photo_7 

:うー。グラフは苦手っす。

苦手なんで小休止。

今日の吉田はこんな感じでした。

Photo_8

:はいはい。いいから仕事しなさい!

:うっす。どれどれ……。

おお、4項目全部において、半数以上の方に改善がみられてますね。

:とくに水分値[E:shine]は80%の方に有意な改善をもたらしました。

かさつきだけじゃなく、ニキビも水分不足が引き起こすので、

水分値が増えたというのは美肌にとって素晴らしいことなのよ。

きめも細かくなったと実感する人が60%以上

20~50代まで幅広い年齢層の方が使ったのに、

この結果はすごいんじゃないですか?

:えっへん。

:見た目に影響するきめはどうでしょう。

Photo_9

:うー。メンドクセー。[E:sweat01]

お医者さんのコメントを読ませてください。

なになに、「70%(7名)が数値の改善をみせており」、マジすか!

うち6名は改善率50%という素晴らしい結果であった」。ブラボー![E:happy02]

:つづけて読んでよ!

「開始前のきめの状態が30程度以下(比較的悪い値)に関しては、

いずれにおいても改善をみせていた」。あんたのことやし。

:わんだふる! イケてる水分値はどんな感じでしょう?

:これはねえ、ヤバイよ。

数値改善は80%以上やし、改善を実感してる人に関してはなんと90%[E:sign03]

「使用前の状態や年齢による改善傾向に

明らかな傾向は見られなかったことから、

いかなる年代や肌状態であっても、

肌の保水力の改善に非常に有効であることが示唆された」なのよ!

Photo_10

:おお~! みずみずしさは美肌の要ですもんね。

:ほか、目立つ毛穴数の変化についてと明るさ(くすみ)の変化についてはこんな感じ。

Photo_11

Photo_12

橋:ほかの2項目に比べると目立つ数字は出ていませんが、

毛穴に関しては15%以上の数値改善がみられたモニターさんが2名。

明るさについては改善ありと答えた方が80%を占めていました。

Photo_13

:……吉田さん、聞いてはる?[E:annoy]

:聞いてはります!

ちょっと……大きめのひとりごとでした。

でもでも! こうしてデータがはっきりするっていうのはすごいですね。

正直、美容雑貨って世の中に溢れているし

「言ったもん勝ち?[E:gawk]」って思ってたんですけど。

:商品には自信があるのはよそさんも同じやと思います。

うちもそうだったので、それを、客観的データでお伝えしたかったんです。

:しかも、こういうモニター調査って通常1ヶ月くらいやるもんなんですって?

:うちの場合は、割と効果が早く現れるので2週間でいいだろうということで。

それでちゃんと数値が出たので、安心してお使いいただけますよ~!

:いやあ、お話が伺えてよかったです。

ちなみに、どんな風に作っているのか工場を見せていただけますか?

:もちろん!

でもその前に、吉田さん京都に来るのは何回目?

:ずいぶん昔に、高校の修学旅行で来て以来、今回は2回めです。

:ほんなら、京都カルチャーに触れてほしいやん。ちょっと遊びにいかへん?

京都よいとこ一度はおいで!

ということで、「京都」を社名に冠する京都シルクの姉さんが、

その魅力を教えてくれることになりました。

すっぴん力向上委員会風、アド街ッ●天国 京都編。

次回はちょっぴり閑話休題で、ものづくり・京都の魅力を見学してきます!