ホリエモンが11キロやせた獄中「天突き体操」!

image

現在、長野の刑務所で服役中のホリエモンこと堀江貴文ライブドア元社長(38)。そこで彼は2か月足らずで95.7kgあった体重が84.9kgまで落ちたという。

 

理由は、刑務所内で毎朝、課されている過酷な体操にあるという。その体操についてホリエモンのマネージャーはこう語る。「毎朝課されているのは、『天突き体操』というものです。堀江はかなりホッソリして、筋肉がついて来ている理想的な状態です」

 

この『天突き体操』とは一体どんなものなのか。抗加齢医学に詳しい春山茂雄先生は「ヒンズー式スクワットとも呼ばれています。体育会系のしごきとしても有名で、1日に50回でもかなりの効果を期待できます」と語る。動きは、中腰の姿勢から「よいしょー!」というかけ声とともに両手と膝を天に向かって伸ばす、いたって単純なものだ。

 

ホリエモンの減量についてマネージャーは「これだけ短期間に減量できたのは天突き体操だけではなく、規則正しい生活と食事にもあるでしょうね」と感想を漏らす。確かにホリエモンの生活ぶりは一転している。早寝早起きに、ハードな運動それでいて食事は1日1千㌔カロリーというから、激変にも納得だ。

 

この『天突き体操』を本誌記者も実践してみたがかなりキツイ。だが続けていけばダイエット効果は保証付きのこの体操。夏太りを解消させたい人には絶対おすすめ!

 

関連タグ: