VEDA~ヴェーダ聖典

ヨーガの発祥は約5000年前のインド。
アーリヤ人の侵略により、ブラフマン階級(司祭)が国を支配してました。

祭壇、や式に莫大なお金をかけてました。
冗談のようですが、莫大すぎて国政が傾いたのです

こんなことから、祭儀にお金をかけず、個人が学べる事に重点を置き、「 VEDA ~ヴェーダ~ 」聖典が出来ました。

ヴェーダというサンスクリット語を訳すと「知識・叡智」
全ての人が幸せになる、願いを叶える方法・知識が描かれているので、その量は莫大です。

例・ 病気になった、治すには? → 満月のひに咲いた○○の花の葉を煎じて飲む(アーユル・ヴェーダ 生命の知識・科学)

 

相性の良い人と結婚したい  → ジョーティッシュ (インド占星術)

戦いで勝つため強くなりたい → ダヌル・ヴェーダ (弓の科学)
 
 
などなど、人の願いの数だけ、どんなことでもあると言われます。

長~い長~い聖典。散々?人の物質的な願い、欲望を叶えてくれたのにも関わらず、
まだ最高の幸せ(シャンティ)ではないと言い切ります

そして、そんなことを感じてる人の為に、最後の章が用意されています。

これが「 ヴェーダンタ 」(カタ・ウパニシャッドとも言われます)。
ヴェーダが100としたらほんの1位の量。
ここにヨーガが文献としてはじめて記されます。

そして最後の一行はこの言葉で締めくくられます。

「あなたはそれである」

あなた(アートマン= 真我)とそれ(ブラフマン=宇宙の絶対的な意識)は繋がれてる、同じである。

ヨーガ=繋ぐ、統合する、1つに結ばれるの究極の状態です。

image