インドの人気飲料・ラッシーで便秘を防ぎましょう

ハリドワールのアシュラムから首都デリーへ移動。
ここでの食事は自由です。
 
デリーでの朝食はほとんど毎日、ラッシーを飲みました。
ラッシーはヨーグルトの飲み物。

image
 
そこらじゅう歩き回ってる牛から摂るのか?
街角にはラッシー・スタンドが沢山あります。
毎朝大きな鍋でグツグツ煮て発酵させてますから、とても新鮮でおいしい☆

image
 
毎朝違うもの食べようと思うけど、このトロトロになってる様子みると、つい誘惑に負けてスタンドに立ち寄ってしまいます。
 
上澄みがチーズみたいな塊になるのを、一すくいして、ドリンクの上に乗せてくれるのですが、これが濃厚で美味しかったです。
 
大きく分けて、ソルティ・ラッシーとスィート・ラッシー。
ソルティーは砂糖の入らないプレーンヨーグルト味、スィートは甘いもの。
 
スィート・ラッシーは、絞りたてのフルーツをシェイクしてくれたりもするので、これだけでも
お腹がいっぱいになります。
 
毎日作ってるところをみてましたが、大体こんな感じです。

image
 
 
材料
・ プレーンヨーグルト 250g
・ 水           少々
・ 氷           2かけ位
・ 砂糖          大匙3杯
 
これをミキサーにかけるだけ。
 
お好みでマンゴー、パパイヤ、バナナなど入れます。
 
 
乳酸菌は腸内をきれいにしてくれて体に良いだろうと、毎日べました。
インド人のベジタリアンは、乳製品だけとるラクトベジタリアンが多いです。
アシュラムでもティータイムはチャイなどミルクからたんぱく質、ミネラルを摂るようにしてました。
 
そしてヨガでも便秘は体に不要物をためるので、もっともクリアにしておかなくてはいけないと言われます。
 
体のヴァータ(風)が過剰になると活性酸素として体を錆びさせ、老化させます。
ヴァータの乱れはダイレクトに大腸に影響するので、ガスが溜まって、腸が乾燥すると便秘になるといわれます。
 
ラッシーや乳製品には腸をクリアにしたり過剰なヴァータを緩める作用があるようです。
 
 
 
体も心も、いろいろ付けようとするより、まず要らないものが無くなれば、必要なものだけが入ります。
朝食で余分なものを取り除き、必要なミネラル・タンパクをとるのに、ラッシーはかかせませんでした!!

関連タグ: