image

40代をすぎると女性に出てくるのが“髪の問題”。ボリュームがなくなる、白髪が目立ち始めるなど、何かと悩みはつきない。そんな問題を解決するのがウィッグだが、これまでの人工毛はいかにも人工的で違和感が。いっぽうの人毛は自然に見えるが専用シャンプーが必要で、ドライヤーNG、乾きが遅いなどメンテナンスに手間がかかるものが大半だった。

だが最近では人工毛の品質が向上し、人毛と遜色のない見た目に。シャンプー、ドライヤーOKで、傷みにくく手軽に使えるのもメリットだという。そこで、40代読者3人に人工毛ウィッグを使ってもらい、使いやすさ、装着感、見た目の印象などを語ってもらった。

image

今回、使用したのは小林製薬の『ヘアラ 髪ふっくらウィッグ』。2つのピンで簡単に取り付け可能で、しっかり固定されてズレにくい。装着方向がわかりやすい「マエ」タグ表記付きで、ブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラックの3色展開。見た目も、すき間から地毛を取り出せて自然になじむ工夫がされ、長さや色やツヤ感の違う毛をブレンドすることでリアル感を再現しているという。その効果は?

 

●伊藤玲子さん(49歳)ダークブラウン使用「トップから後頭部のボリューム感がスゴイ」

image

つむじが2つあることでトップが分かれてしまい、頭頂部から後頭部にかけてボリュームがなくなっているという伊藤さん。分け目の地肌が目立つのも悩みだという。そんな伊藤さんが、使ってみた感想をこう語る。

「思っていた以上に自然なボリュームが出て、正直驚きました。これまでは後頭部にボリュームを出しながら髪を乾かしていましたが、これを使えばその手間がなくなりますね。クセ毛なのでヘアアイロンを愛用していますが、180度までならヘアアイロンも使えるのは便利。白髪は1カ月に1回染めていますが、地毛の色ともピッタリで白髪隠しもできるから、染める頻度が少なくてすみそう。信頼できる製薬会社が作ったのも安心できました」

 

●関根愛美さん(43歳)ダークブラウン使用「簡単に試せるから、コスプレ感覚で楽しい」

image

毛量が多めのため、かえって重みでトップがペタンとしてしまうという関根さん。全体のバランスが悪く、地味な印象になるのも悩みの種だという。そんな関根さんだが「ウィッグで前髪を作ったことで、こなれ感のある華やかな印象になった」と笑顔で話す。

「ワンタッチピンの装着ってこんなに簡単なんですね。今どき感のある前髪が手軽に作れ、憧れのエアリーなヘアスタイルにできて、ちょっとしたコスプレ感覚で楽しいです。前髪を作ってみたかったけれどチャレンジする勇気がなかったので、感激です。大人のウィッグというと高額なイメージがありましたが、ドラッグストアで5千円ぐらいで購入できるから、お買い得。興味はあるけど専門店には行きづらいウィッグ初心者にもおすすめです」

 

●望月喜久江さん(47歳)ブラウン使用「別人に変身して5歳ぐらい若返ったみたい!」

image

ここ数年で白髪が急激に増え、分け目やトップが目立つのが悩みだったという望月さん。白髪染めは1カ月半に1度のペースで施術しているが、ウィッグを使ったことでトップのボリュームが出て白髪も隠れるように。「ボリュームアップと白髪隠しが1つででき、しかもお財布にやさしいなんて、もう手放せません」と語る。

「何よりも分け目の白髪が気になっていたので、白髪隠しとして使えるウィッグは便利でいいですね。ちょっと伸びてきたときや美容院に行くまでの間に使いたい。つけているのを忘れてしまうぐらいつけ心地に違和感がなく、ズレたりもしないのでラク。人工毛でも色が単色じゃないから自然でなじみやすい点も気に入りました。家でつけていたら、息子にはまったく気づかれませんでしたね(笑)」

 

今回使用した『ヘアラ 髪ふっくらウィッグ』は、ドラッグストアや大手スーパーなどで手軽に購入できるとのこと。気になる方は、チェックしてみては!?

image

『ヘアラ 髪ふっくらウィッグ』¥4,980〈編集部調べ〉
カラーはブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラックの3色。
小林製薬お客様相談室 0120-5884-06(9:00~17:00 土・日・祝日を除く)
http://www.kobayashi.co.jp/seihin/hal/

撮影/TOMOZO(BOIL) ヘアメーク/サユリ(nude.) 取材・文/HEAVEN