「秋の初めは、夏のダメージが肌にも表れる季節です。美しい肌を維持するためには、エステや高級化粧品に頼るよりも、美肌菌を増やすほうが効果的です」

 

そう爽やかに笑みを浮かべるのは、小林メディカルクリニック東京の小林暁子先生(48)。小林先生は、本誌連載『血流講座』の小林弘幸先生の奥さん。自らも実践する美肌術で“美魔女”の肌を保っている。そんな美肌術をまとめた『医者が教える最高の美肌術』(アスコム)を出版したばかりだ。

 

「美肌菌は、大きくわけて2種類あります。1つは、肌を内側から美しくする腸内細菌。私たち人間の腸内にすむ菌のうち、乳酸菌や、酪酸金、ビフィズス菌など『善玉菌』として知られている菌で、体の内側から肌をきれいにする美肌菌と呼んでいます。これらを増やすことが大事なんです」(小林先生・以下同)

 

また肌の表面や毛穴にも美肌菌がいるという。

 

「肌にも多くの菌がすんでいます。その中で大事なのは表皮ブドウ球菌で、肌の保湿成分として働き、皮膚のバリア機能を高めます。これは外側から肌をきれいにする美肌菌で、表皮ブドウ球菌を減らさないことが美しい肌には必要です。この内と外の美肌菌の力により、シワだけでなくシミやくすみ、ほうれい線も消えていき目立たなくなっていきます」

 

美肌菌をつくるための8カ条は、次のとおり。

 

□水を1日1500ml飲む
□1日1回笑顔で鏡に向かう
□毎日、顔に触れて肌と会話する
□毎日、みそ汁、納豆など発酵食品を2種類食べる
□食物繊維を多めに取る
□なるべく食品添加物は取らないようにする
□「2:1」呼吸(吐く2:吸う1)を1分続ける
□ときに、ズボラな日があっても自分を責めない

 

「意識をしてゆっくり呼吸することで、副交感神経が優位になり自律神経も整います。そして水分補給も美肌には必須で、1日1,500ml以下だと肌の老化が進んでしまいます。女性は肌の調子がいいと、モチベーションも上がりますよね。ぜひ、洗顔のときに自分の頬に触れて、『今日ははりがある』『疲れ気味』と、肌と会話してあげるのもとても大切なことです。肌は何歳からでも若返ります。この8カ条で、今から“自分史上最高”の肌をつくってください」