40代記者が薄毛予備軍だった…女性向け育毛剤をガチで調査!
SDB メディカルエストロジーセラムSL2

 

「出勤前にセットしていても、前のように決まらなくなってしまって…」(42歳・会社員)
「シャンプーしたあとに、排水溝に落ちている髪の量が前よりも増えた気がします」(45歳・専業主婦)
「髪が生えるスピードが遅くなって、美容院に行く頻度が減りました」(55歳・自営業)

 

薄毛、抜け毛……、女性読者から編集部に日々寄せられる髪悩みの悲痛な声。こうした声は年々増加の一途をたどっている。頭髪専門外来を持つDクリニック東京ウィメンズによると、通院する女性患者は、なんとこの10年で5倍以上にまで増えている。

 

主な原因とされているのが、女性ホルモン「エストロゲン」の低下。仕事や家事、育児といった日常生活でのストレスだけでなく、加齢によってもホルモンバランスは徐々に乱れていくことに。その結果、毛髪の成長サイクルが短くなることで抜け毛や薄毛が発生すると言われている。そして40~50代になると、より顕著に影響が出始めるという。

 

そこで、今年40代に突入した女性記者が頭皮チェックを実施! その結果は驚くべきものだった……。

 

(画像左)夏の強い日差しなどによって赤くなった頭皮。ケアをしないと薄毛・抜け毛につながる可能性が
(画像右)頭皮から出る皮脂や整髪料を放置しておくと、ボリュームダウンの原因に

 

頭皮チェックの結果について、アンファー商品開発部の北川愛子さんはこう分析する。

 

「まず、午前中にもかかわらずこの皮脂の多さは気になります。側頭部では一部乾燥や日焼けから赤くなっているところがあり、悪化するとフケなどが出てくるかもしれません。夏に頭皮が日焼けすると、秋頃にその影響が出るとも言われているので注視が必要です。髪の本数的にはまだ大丈夫なのですが、細くなってしまっている毛がいくつかあり、ひどくなると全体的なボリュームダウンにつながっていくでしょう」

 

“薄毛予備軍”を宣告されてしまった記者だが、大切なのは気づいたときからどう頭皮をケアしていくか。そんな女性たちのために開発されたのがアンファーの育毛剤「スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム」(税込7,800円)だ。

 

抜け毛予防、発毛促進など薄毛への効能・効果が認められている女性ホルモン「エチニルエストラジオール」を配合した同商品。その出発点は「女性にとって本当に喜ぶ育毛剤を作りたい」という思いだった。

 

「弊社の育毛剤のメインの消費者である40~50代の女性たちのことを考えたときに、女性ホルモンの減少に由来する抜け毛が多いだろうと。そこで『じゃあ育毛剤に女性ホルモンを入れよう!』というところからスタートしました」

 

特徴は女性ホルモンだけではない。3種の黒髪ケア成分(米抽出物加水分解液V・アシタバエキス・パウダルコ樹皮エキス[全て湿潤剤])を配合していることで、艶やかな黒髪を保つことが可能に。これにより、女性の頭皮環境を整え、弾力のある髪へと導く効果が。さらにハリ・コシのあるしなやかな髪へと導くための頭皮ケア成分「ソイセラム(豆乳発酵液)」(湿潤剤)を、同社のヘアケア商品の中でも最高水準の8割も配合しているというのだ。

 

「女性ホルモンは育毛剤の有効成分なので、配合できる上限が決まっているんです。そのなかでより女性のために何ができるかと考えたときに、弊社の独自原料で研究が進んでいる頭皮ケア成分であるソイセラムを多く配合することで、もっと喜んでもらえるのではないかと考えました」(北川さん)

 

さらに、商品の効能以外にも“女性ファースト”は徹底されている。

 

「育毛剤を使うことに抵抗がある女性も多いでしょうから、使っていてテンションが上がることも大切だと考えています。ローズの香りや使っていて嬉しくなるようなボトルデザインによって、『美しくなりたい』という女性の気持ちを演出しています。やっぱりかわいいものを手にすると、気分も上がると思うので!」

 

女性の、女性による、女性のための育毛剤。“薄毛予備軍”の記者にとって欠かせないアイテムとなるかも!

 

スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム
https://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_beaute_estorogy

 

Promoted Content

関連カテゴリー:
関連タグ: