コスメはどう“除菌”する?「パフは週1洗濯」と衛生の専門家

身の回りは「除菌」するけれど、コスメは清潔に使う方法を知らず、外に持ち出す人も多いのでは? 毎日使うものだからこそ、キレイな使い方を知っておこうーー。

 

まだまだ感染症リスクが懸念されているいま、カバンやスマホなどの日用品をアルコールで除菌することがすっかり習慣となった人も多いはず。

 

だが、直接アルコールで除菌することができない日用品が「コスメ」だ。ファンデーションなどに直接アルコールを吹きかけてしまうと、品質の変化や低下を招きかねない。かといって、もし菌やウイルスが付着していたら口に入るかもしれないし、肌荒れなどにつながる可能性もある。

 

さらに海外の研究では、こんな驚きの事実も……!

 

「英国アストン大学の生命健康科学部は、使いかけのマスカラ、リップ、化粧用パフなどを含むメーク道具に付着している微生物を調べました。すると、その70〜90%から大腸菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が検出されたそうです。これらはぼうこう炎の原因菌としても知られており、放ったままコスメを使い続けると、感染症を引き起こしかねないことが指摘されています」(在英ジャーナリスト)

 

同大学が研究の際に行ったアンケートによると、回答者の93%が「パフを一度も洗ったことがない」と答えたという。

 

よしき皮膚科クリニック銀座院長の吉木伸子さんは、パフなどの化粧小物を清潔にしないことのリスクについてこう話す。

 

「過度に神経質になる必要はありませんが、ファンデーションを塗ったパフには自分の皮脂がつくため、時間とともに酸化します。そのため、使い続けると過酸化した脂質を毎日肌に塗っていることになり、肌老化を促進することになるのです」

 

どうすれば清潔に保つことができるのだろうか。コスメの除菌法について、専門家に意見を聞いた。

 

【心得1】リップは「唇を拭いてからつける」を忘れずに

 

「基本的に化粧品には防腐剤が含まれているので、もし菌が混入しても、数日で死滅するようにはなっています」

 

そう話すのは、化粧品開発に携わる大山優さん(仮名)。ただし、防腐剤の入っていないものや開封してから時間の経過した使いかけのコスメは菌が繁殖するリスクがあるため、使い方が重要だそう。

 

「水分を含まないオイル系のコスメは、菌が繁殖しないことを前提につくられているため、防腐剤が配合されていない製品もあります。そのため、使用者が食後にリップを塗り直すなどした際に、食べかすが入り込んで雑菌が繁殖してしまうことがあります。塗ったら必ずチップを拭いてからしまうようにしてください。また、塗る前に唇をティッシュで軽くふくことも、コスメを清潔に保つうえでは大事です」(大山さん)

 

防腐剤が使われているものでも、一度開封したリップは唇を拭いてから塗るのがよさそうだ。

 

【心得2】高温多湿の環境で保管をするのはNG

 

大山さんは「菌は水が存在する場所で繁殖するため、梅雨どきは雑菌やカビの繁殖にも注意が必要」と続ける。

 

「湿度の高い時期は、パウダー製品などが空気中の水分を吸収してしまうことがあります。ファンデーションやチーク、シャドーなどに配合されている防腐剤は揮発してしまうことがあるため、十分な防腐効果が得られず、放っておくと白カビが生えてしまうことも。そのため、洗面所など湿気が多い場所での保管は避けるようにしましょう」

 

【心得3】パフは週に1度、中性洗剤で洗おう

 

長野保健医療大学看護学部助教授で公衆衛生看護が専門の塚田ゆみ子さんは次のように語る。

 

「付着した皮脂や雑菌を落とすため、週に1度はパフを洗うようにしましょう。キッチン用の中性洗剤が、いちばんよく脂を落としてくれるので、ぬるま湯に溶かして押し洗いするのがおすすめ。ただ、生乾きのままだと雑菌が繁殖してしまいます。洗い終わったパフはキッチンペーパーなどにはさんでしっかり水分をとるか、脱水機にかけるかしてから、風通しのよい場所で陰干しをしてください。必ず内部が乾いてからケースにしまうようにしましょう」

 

毎日メークをする必要があるという人は、2〜3個予備のパフを持っておこう。

 

「チークやシャドーをつけるブラシ類は、ティッシュの上でとんとんと粉を落としておくだけでも清潔に保つことができます」

 

コスメの正しい使い方を知って、清潔な管理を心がけるようにしよう。

 

「女性自身」2020年7月21日号 掲載

関連カテゴリー: