ふたご座は「白×デニム」星座別“運気上げる”ファッション
画像を見る

「私たちが生まれたとき、太陽がどの星座に入っていたかで自分の星座が決まっています。各星座にはエネルギーがあり、占星術では、自分の星座のエネルギーに大きく影響されると考えられています。これが“運気”というものです。自分の本来のエネルギーをまとい、運気を上げていくためにも自分の星座に合ったファッションを身につけることは重要なのです」

 

こう話すのは、占星術をいかしたファッションコンサルタントをしている進藤陽子さんだ。

 

「たとえば、派手でエネルギッシュなしし座さんが、落ち着いた色目のタイトスカートをはいていると、覇気がなく見えます。しし座のエネルギッシュさが生かされず、ちぐはぐなイメージになってしまうのです」(進藤さん・以下同)

 

逆に、自分の星座のファッションを取り入れるようになったら、それまで男っ気がまったくなかったのに結婚が決まったとか、仕事運が上がった、対人関係が改善したなど、運気アップにつながった人もたくさんいるそう。

 

「12の星座は、火、地、風、水のエレメントに分けられ、特徴も共通します。火(おひつじ座、しし座、いて座)は活動的で動きやすいスタイル、地(おうし座、おとめ座、やぎ座)はかっちりとした上質で高級感のあるスタイル、風(ふたご座、てんびん座、みずがめ座)は風に吹かれるフワリとしたスタイル、水(かに座、さそり座、うお座)はしっとりと落ち着いたスタイルが基本です」

 

今回、おうし座〜かに座の運気アップのファッションを紹介するが、派手色の服は恥ずかしい、目立つデザインは躊躇するといった人には、進藤さんはまず試着をおすすめする。

 

「試着は店員さんなど第三者の意見を聞きやすい場面です。たとえばおひつじ座さんは、いくつになっても赤が似合いますが、それは赤がエネルギーに合った色だから。着たら意外と周囲の反応がよかったというのもよくあることです」

 

服だけでなく、お財布やポーチ、アクセサリーなど小物を取り入れてみるのもいいそう。

 

「こうしたアイテムはお守りのようなものです。日常的に持つことで運気を徐々にため込むことができる開運法です」

 

【おひつじ座】赤×細身のパンツ

 

「12星座はおひつじ座から始まります。おひつじ座は生まれたての赤ちゃんというイメージなので、エネルギッシュで動きやすい格好が運気アップのアイテムです。スタートダッシュのしやすい、足首に向かってほっそりしたパンツスタイルがよく似合います。スカートならタイトなシルエット。色は火の赤色です。おひつじ座さんでポイントとなる体のパーツは頭や目なので、サングラスやファッショングラスもラッキーアイテムです」

 

【おうし座】ピンク×カシミヤニット

 

「おうし座は五感が敏感なので肌触りのよさが大切です。そんなおうし座さんは、12星座でもっとも上品で華やかな女性らしいスタイルがピッタリ。ピンクなど、マゼンダ系のカシミヤニットはまさにおうし座さんのイメージ。エメラルドグリーンも◎。スカートなら女性らしいフレアスカート。花柄を合わせてもいいです。おうし座さんの体でポイントとなるのは鎖骨周りなので、首回りをきれいに見せてくれるネックレスもラッキーアイテムです」

 

【ふたご座】白×デニム

 

「ふたご座は爽やかで軽やかに動きやすいボーイッシュな格好が似合います。また、双子なだけに『2つ』が好きで、自転車(二輪車)に乗りやすいジーンズやショートパンツが似合います。リバーシブルになっていたり、ツーウエーに使えるものも◎です。ふたご座さんのラッキーカラーは、ライトブルー、レモンイエロー、白といった爽やかな色味。走り回れるフラットシューズやショルダーバッグ、リュック型のバッグもラッキーアイテムです」

 

【かに座】オフホワイト×ロングスカート

 

「かに座のキーワードは母性。親しみやすい雰囲気で、母性を感じるソフトな優しさがあります。そんなかに座さんには、オフホワイトやクリーム色のロングのフレアスカートやワンピースがピッタリ。胸元にプリントのあるTシャツやニットもかに座さんのラッキーアイテムです。体を締めつけない、ゆったりしたシルエットを選びましょう。アクセサリーは白いパールの装飾品を。足元は安定感のあるウエッジソールのパンプスなどがおすすめです」

 

早速、占星術ファッションを取り入れて運気アップを!

 

「女性自身」2020年11月3日号 掲載

関連カテゴリー: