いて座〜うお座はこの服!開運導く「色とファッションアイテム」
画像を見る

「私たちが生まれたとき、太陽がどの星座に入っていたかで自分の星座が決まっています。各星座にはエネルギーがあり、占星術では、自分の星座のエネルギーに大きく影響されると考えられています。これが“運気”というものです。自分の本来のエネルギーをまとい、運気を上げていくためにも自分の星座に合ったファッションを身につけることは重要なのです」

 

こう話すのは、占星術をいかしたファッションコンサルタントをしている進藤陽子さんだ。

 

「たとえば、派手でエネルギッシュなしし座さんが、落ち着いた色目のタイトスカートをはいていると、覇気がなく見えます。しし座のエネルギッシュさが生かされず、ちぐはぐなイメージになってしまうのです」(進藤さん・以下同)

 

逆に、自分の星座のファッションを取り入れるようになったら、それまで男っ気がまったくなかったのに結婚が決まったとか、仕事運が上がった、対人関係が改善したなど、運気アップにつながった人もたくさんいるそう。

 

「12の星座は、火、地、風、水のエレメントに分けられ、特徴も共通します。火(おひつじ座、しし座、いて座)は活動的で動きやすいスタイル、地(おうし座、おとめ座、やぎ座)はかっちりとした上質で高級感のあるスタイル、風(ふたご座、てんびん座、みずがめ座)は風に吹かれるフワリとしたスタイル、水(かに座、さそり座、うお座)はしっとりと落ち着いたスタイルが基本です」

 

今回、いて座〜うお座の運気アップのファッションを紹介するが、派手色の服は恥ずかしい、目立つデザインは躊躇するといった人には、進藤さんはまず試着をおすすめする。

 

「試着は店員さんなど第三者の意見を聞きやすい場面です。着たら意外と周囲の反応がよかったというのもよくあることです」

 

服だけでなく、お財布やポーチ、アクセサリーなど小物を取り入れてみるのもいいそう。

 

「こうしたアイテムはお守りのようなものです。日常的に持つことで運気を徐々にため込むことができる開運法です」

 

【いて座】ネイビー×タイトスカート

 

「いて座のモデルは上半身が人間、下半身が馬です。なので腰回りがジャストサイズで、ヒップから腿にかけてのラインがきれいに見えるタイトスカートやパンツが、いて座さんを輝かせるファッションとなります。かっちりしたトラディショナルなスタイルも◎で、金ボタンの紺ブレザーやストライプシャツ、馬蹄モチーフのスカーフやアクセサリーもラッキーアイテム。ラッキーカラーはロイヤルパープル、ネイビーといった高貴な色です」

 

【やぎ座】キャメル×トレンチコート

 

「慎重派のやぎ座さんは、トレンドを追うよりも、気に入ったものを長く使う性格です。ですから、質のよいものを持ちましょう。オーソドックスな老舗ブランドのトレンチコートなんて、まさにやぎ座さんにピッタリなアイテムです。ラッキーカラーは黒、茶色、チャコールグレー。千鳥格子やグレンチェックも◎です。足元は大切なので、靴は重厚感のある太めのヒールを履きましょう。鞄、お財布、名刺入れなどの小物も革製品でそろえると運気アップに」

 

【みずがめ座】明るいブルー×ガウチョパンツ

 

「個性的でアバンギャルドなみずがめ座さんは、誰が何と言おうと自分が好きなものがいいというタイプ。アシンメトリーだったり、変わったカッティングだったりとエッジの利いたデザインが似合います。また、幾何学模様やエスニックもおすすめ。フェミニンというよりユニセックスなスタイルで、ガウチョパンツやワイドパンツもいいですね。明るい青のほか、メタリックな色合いも似合います。足元は足首やくるぶしが見える靴を選びましょう」

 

【うお座】ターコイズブルー×とろみシャツ

 

「どこかつかみどころのない感じを持つうお座さんは、レースやシースルー、とろみ感のある素材、キラキラしたスパンコールの装飾がよく似合います。水のエレメントなので、さらっとしたシャツやフレアスカートがいいですね。ラッキーカラーはターコイズブルー、オーシャンブルーなどの柔らかい色目。ラッキーアイテムはスワロフスキーのようなキラキラした装飾がついたものです。ミュールやバックストラップのかかとを見せる靴も◎です」

 

早速、占星術ファッションを取り入れて運気アップを!

 

「女性自身」2020年11月3日号 掲載

関連カテゴリー: