【おとめ座】専門家おすすめ! 年末年始の開運ファッション
おとめ座には、“知性の色”水色のストールを。 画像を見る

「星座には固有のエネルギーがあり、私たちは生まれた時に、その星座のエネルギーの影響を強く受けています。ですから、自分の星座に合ったファッションを取り入れると、そのエネルギーを上手に使うことができるようになり、運気がアップします」

 

こう話すのは、占星術ファッションコンサルタントの進藤陽子さんだ。

 

進藤さんによると、2020~2021年は大きな時代の変わり目の年なのだそう。特に注目したいのは、今年の年末から来年の年始にかけて。

 

「占星術の世界では、2020年末に、これまで約200年続いた“地の時代”から情報が行きかう“風の時代”に変わることが話題になっています。今年は、常識を覆すような変化が世界中でありました。これは来たる風の時代の予告編で、2021年はこの傾向が加速されそうなのです」(進藤さん・以下同)

 

そんな変わり目の今、運気を上げるためにも星座ファッションを取り入れてみたい。ファッションは“毎日のこと”なので、運気の貯金にもなるのだという。

 

「おとめ座は12星座が持つ『火・地・風・水』のエレメントのうち『地』の星座で、きちんとしているだけでなく、分析力もあるので、できる秘書といったイメージなのですが、乙女座の特徴として、完璧主義な一面があります。ですから、風の時代がやってくる今の時期、少しずつでいいので、動きのあるアイテムを取り入れていくようにしてみましょう」

 

たとえば、普段なら紺、白、ベージュといったベーシックな色を選びがちなおとめ座だが、この時期は水色、ライトグレー、ライトブルーといった風を感じる色合いを取り入れてみたい。

 

「水色は知性の色です。いつもはコンサバを好むおとめ座さんですが、この時期は水色を基調とした色で軽やかさを出して風の要素を取り入れ、運気アップを図りましょう」

 

コートは定番のものでも、水色のストールを合わせてみたり、かっちりした型のバッグの色をライトブルーにするといった、ちょっとした冒険を。軽くすることで、よりよい情報を取り入れ、さらに分析力が高まりそうだ。

関連カテゴリー: