風邪の季節、まっただ中。『風邪をひいたら……をする』という言い伝えは日本にもたくさんあるが、世界は広い!信じられないような驚きの風邪民間療法の数々、その方法、効果あるの?


フィンランドでは風邪の予防に〈サウナに入る〉という。これは効果あり。サウナの室温が80度以上になると風邪やインフルエンザのウイルスが死滅する。鼻の中や喉に高温の空気を吸い込むと、入り込んだウイルスを死滅させるという医学的根拠があった。


〈水と酢を鍋で煮立てて部屋を暖める〉のは中国。水と酢を1対1で鍋に入れ、その湯気で部屋を暖めるというもの。医学的には、ある程度正しい予防法だ。風邪やインフルエンザのウイルスが室内の温度の上昇によって、空気中に拡散しにくくなるそう。


ギニアでは〈パイナップル入りしょうがドリンクを飲む〉。皮をむいてスライスしたしょうが3個、カットパイナップル3切れ、砂糖大さじ2、水1/2カップをミキサーにかけて布巾でこし、水で薄めながら飲む。しょうがには、血行促進など風邪に効果あり。