抗うつ作用や脂肪燃焼効果など、さまざまな健康効果がうたわれるコーヒーに、またあらたな効能があることがわかった。なんと皮膚がんの発症リスクを軽減する作用があるという。日本人にもっとも多いのは、表皮のいちばん下にある基底層から発生した基底細胞がんだ。順天堂大学教授の小林弘幸先生は言う。

 

「その基底細胞がん。カフェイン入りのコーヒーを摂取することで、発症を回避できる可能性が示されました。米ラトガース大学の研究チームは、遺伝子を操作してARTという酵素の働きを抑制したマウスに、紫外線をあてる実験をおこないました。すると、これらのマウスは通常のマウスに比べ皮膚がんの発生が3週間遅れ、腫瘍も69%少ないことが判明しました。カフェインには、まさにこのARTを抑制する働きがあるのです」

 

ではなぜ、ARTの抑制が皮膚がんの発症を抑えるのか。

 

「それは、ARTが抑制されると、紫外線によって損傷した細胞を、死滅させる作用があるためです。損傷した細胞はやがて腫瘍に進行しますので、それを先に死滅させることで皮膚がんの発症を抑えています」

 

カフェイン入りのコーヒーは、服用しても直接肌に塗っても、効果が期待できるとのこと。いずれ、カフェインを使った日焼け止め薬が登場するかもしれない。また、基底細胞がんだけではなく……。

 

「マサチューセッツ大学の研究によると、長期的にコーヒーを飲み続けた女性は、皮膚がんのなかでもっとも悪質といわれる、メラノーマ性がんの発症リスクが低いということも明らかになっています。6万人以上の閉経女性を対象に行なった研究結果です。またコーヒーには発がん物質に対抗するヘテロサイクリルやクロロゲン酸など『がんを遠ざける』物質が多く含まれ、肝臓がん、女性の大腸がん、子宮体がんの予防にも一役買っている、という研究データもあります」

 

過量摂取は胃に負担をかけるようだが、1日1杯のコーヒーブレイクには、がんを遠ざける可能性があるのかもしれない。

関連タグ: