自分ではわからない体臭。多くの女性が悩んでいるという。あなたのにおいが“見える”としたら?

 

《約8割の女性に体臭の悩み。約7割がなにかしらの対策を実施》

 

3月に情報サイト「All About」とロート製薬が、女性1101人に行った体臭に関するアンケートではそんな結果が――。体臭が気になる夏を前に、7月1日にタニタから「においチェッカー」が発売される。体のにおいをレベル0〜10までの11段階で測定することができるという。

 

工学博士で、開発に携わったタニタの望月計氏が語る。

 

「においは自分自身では気づきにくいもの。知らないうちに、周りの人を不快にさせることもあります。また、本当は臭くないのに、体臭が気になって消極的になり、うまく人間関係が築けないというケースも。においの強さを“見える化”して、自分のにおいのレベルを知ることは重要なんです」(望月氏)

 

女性は40歳を過ぎると、体臭を抑える働きがある女性ホルモンの分泌が減少。加齢臭の原因物質「ノネナール」も増加する。近ごろ、加齢臭が出てきたのではないかと悩んでいる本誌“アラ50”女性記者が「においチェッカー」を試してみた。

 

計測した身近なにおいのレベルは次のとおり。数字が大きくなるほどにおいが強い。11段階表示《レベル5》で要注意だ!

 

□入浴後の体《レベル0》
□仕事中のアラ50女性記者の体・しばらく洗っていない枕《レベル2》
□高校生の息子の練習後のジャージ・たばこを吸う夫の体《レベル3》
□居酒屋に行った後の体・アラ50女性記者が運動後に放置したジャージ・除光液をつけた手《レベル4》
□柔軟剤で洗った洋服《レベル5》
□焼き肉を食べた後のアラ50女性記者の体《レベル6》
□香水をつけた直後のアラ50女性記者の体《レベル8》

 

「このセンサーは、加齢臭だけでなく、柔軟剤や香水などの香りも含め、その強さを“見える化”します。自分ではいいにおいだと思っていても、その香りが強すぎると、周囲に不快を与えている可能性があると言えますね」(望月さん)

 

“体臭を消す”ために使ったものが、逆に周囲の注意をひく“刺激臭”になってしまうとは……。

 

最後に、漫画家の蛭子能収さん(70)に試してもらった。お風呂嫌いで有名な蛭子さんだが、まさか(失礼!)の《レベル1》!!

 

「すごい数値が出ることを期待していたんですよね……。本当に申し訳ない」

 

頭をポリポリしながら、蛭子さんがこう続ける。

 

「実はこの前、テレビ番組の収録で、背中に加齢臭の原因となるカビが繁殖していることがわかったんです。それ以来、女房が『清潔にしろ』とうるさいんです。ただ、あまり体臭を気にしすぎるのもどうかと思いますよ。においは“個性”でもあるし、ほどほどがいいんじゃないですかね」

 

客観的に測れば、思っているほど自分はにおっていなかった。気にしすぎがいちばんよくない。