タンパク質足りぬ女性のため…「プロテイン」で栄養バランスを

私たち日本人の食品摂取基準(健康増進法に基づくは、5年に1度改定される。2020年4月からは、中高年のタンパク質目標摂取量が引き上げられ、話題となっている。

 

「美魔女といわれ、40代、50代のうちは若々しくても、タンパク質不足の生活を送っていると、60代で一気に老け込むなんてことも」

 

そう話すのは、プロテイン・ソムリエの森口裕子さん。タンパク質が不足すると老ける!? 女性にとっては恐ろしく、聞き捨てならない提言の根拠とは……。

 

「まず、タンパク質がふだんの食生活で不足しがちだという認識が薄いことは問題です。40代になると、特に女性は中年太りを気にしてダイエットをする人が多いですよね。自己判断で肉や乳製品を控えるなど、栄養バランスがくずれた食生活を長期間にわたって続けてしまうんですよね。ストレスで甘いものやごはんものはたくさん食べてしまう傾向にあるので、炭水化物は多くとっているのに、タンパク質は不足している状態。これでは、肌や髪が弱くなったり、免疫機能が低下するなどの不調を招いてしまいます」

 

厚労省のタンパク質摂取の推奨量は、体重1キログラムあたり1グラム(成人女性は1日50グラム)。新基準では、65歳以上は総エネルギーの15〜20%としている(前基準は13%〜)。

 

「運動をしていない女性でも、タンパク質の目標摂取量は1日50グラムです。肉・魚・大豆などの食材を“毎日げんこつ1個分”食べる必要があるのです。でも、これってけっこう大変ですよね? 肉や魚ばかりを食べれば脂質オーバーになりがちですし、豆腐や納豆ばかり食べるというのもつらい……。そんな人には、1日1杯のプロテインをおすすめします。水か牛乳に溶いて飲むだけで、15〜20グラムのタンパク質がとれるうえに、カロリーは抑えられていて安心です。その他の栄養素が配合されているものも多いので、ご自身の体調に合わせてセレクトし、毎日の“プロ活”を始めてみてください」

 

「女性自身」2020年2月18日号 掲載

関連カテゴリー: