不眠に悩む人がマッサージするべき耳ツボは「神門」になり
画像を見る

「以前に比べ、『耳あかがたまっている気がする……』と訴える方が増えてきました。これはスマホを長時間使用するようになり、睡眠が浅くなっていることが原因だと考えられます。眠りが浅くなると、寝ている間、無意識のうちに奥歯をかみ締めてしまうことがあります。すると、耳下腺が硬くなり、平衡感覚を失ってしまうのです。それが聞こえの悪さにつながり『耳あかがたまっているのかも』と錯覚してしまうことに。耳は健康状態を表すバロメーターなのです」

 

そう語るのは、イヤーエステティシャンの中本多紀さん。これまで2万人近くの耳をケアしてきた「耳専門家」だ。

 

「東洋医学では古くから耳ツボ療法が行われてきましたが、実は西洋でも、ヒポクラテスが耳を使って治療をしていたことが知られています。ちなみに『耳介治療』を体系化したフランス人医師のポール・ノジェ博士は、『耳は胎児の形で、人体を投影している』と、今から50年以上前に学会で発表しています。そして現在では、世界保健機関(WHO)も耳ツボは350の病症に対し有効的だと認定しています。耳はまさに『人体の縮図』だといえるでしょう」

 

耳には全身につながるツボが200以上もあるといわれ、その配置が胎児の形と一致する。

 

「体に不調なところがあれば、そこに対応する耳ツボが硬くなったり、腫れてしまっていたり。場合によっては触ると痛かったりすることもあります。逆にいえば、耳ツボを適切に刺激してあげることで、体の不調を改善に導くことができるのです」

 

■「肩こり、首こり」に効果てきめんの耳マッサージ

 

もともと日本人に多いといわれている肩こり。最近ではスマホの多用による姿勢の悪化や目の疲れが原因で、肩や首がこりやすくなっている。

 

【1】耳の外側のやや下、耳たぶ上部との境目あたりを親指と人さし指でつまんでもむ。
【2】つまんだまま、こすり下ろすように指を下げる。1〜2を3回。両耳同時に行うこと。ただし力の入れすぎには注意。肩がこっているとツボが反応してどこかが硬くなったり、触ると痛みを引き起こしたりする。いちばん痛いところがあなたの肩こりに最も効くツボ!

 

ステイホームによる運動不足とスマホ依存が加速している今こそ、こりを撃退しよう。

 

■「不眠」に効果てきめんの耳マッサージ

 

耳のツボは脳に近いこともあり、鎮静効果もばつぐん。交感神経の興奮を静め、体内時計のコントロールにも関わるツボ「神門」を刺激しながら、耳たぶ全体をしっかりマッサージしてあげよう。

 

【1】耳の上部にあるくぼみにある「神門」のツボを、人さし指を使って右に10回、左に10回、円を描くようにゆっくりともむ。3〜5セット。
【2】親指と人さし指で耳たぶをつまみ、耳たぶ全体をマッサージ。こちらも右に10回、左に10回、ゆっくり円を描くようにもむ。3〜5セット。

 

耳たぶには、上部の膨らんでいる部分に脳のツボ地帯、また精神安定作用をもたらす目のツボがあり、いずれも良質な睡眠に関わっている。

出典元:

「女性自身」2021年5月25日号,

【関連画像】

関連カテゴリー:
関連タグ: