専門医伝授「骨盤底筋の再生トレーニングで頻尿ケア」
画像を見る

「閉経後の女性によくある尿もれや、頻尿、膣萎縮による陰部の不快感といった悩みは、〈命にかかわるわけではない〉として、軽視されてきました。しかし、’14年に“GSM(閉経関連尿路生殖器症候群)”と名前が付いて以来、医師たちの受け止めも変わってきました。閉経後の女性のQOL(生活の質)を改善する大事な治療として、相談できる医療機関も増えています」   ...

出典元:

「女性自身」2021年9月21日号

【関連画像】

関連カテゴリー: