「貧乏ゆすりが有効」変形性股関節症の痛みを防ぐずぼら運動
画像を見る

寝たきりになると認知症などのさまざまな病気のリスクが高まる。だからこそ、可能な限り自分の足で歩きたいもの。そのために、悪い癖といわれている貧乏ゆすりが役に立つというーー。   「脚の付け根にある股関節に痛みを抱える人は400万〜500万人ほどいるといわれています。そのうちのほとんどの人が、『変形性股関節症』が原因とみられます。特に日本では40代〜5...

出典元:

「女性自身」2021年8月17日・24日合併号

【関連画像】

関連カテゴリー:
関連タグ: