“推し”を見つけてワクワクを取り戻す!50代からの“育脳術”7
画像を見る

「在宅時間が長く、運動不足にストレスも加わると、脳の働きは低下してしまいます。起床後も、脳が十分に覚醒しないまま1日を過ごす人が増えているのです」   そう語るのは脳内科医の加藤俊徳先生。   加藤先生は、これまでMRIによる1万人以上の脳を解析したデータから、脳の働きを「番地」に見立てている。   「脳...

出典元:

「女性自身」2021年9月14日号,

【関連画像】

関連カテゴリー:
関連タグ: