image

 

「まだ赤ちゃんだからなのか、すでに私が“ダメ親”と認識されて嫌われたせいかなのかわかりませんが、思いのほか、この子は言うことを聞いてくれません……。これまで私に“お手”をしてくれたのは1回だけ。『おいで!』と声をかけて、私のほうへ来てくれたのはたった3回です(苦笑)」

 

1月11日に発売された新型aibo(本体価格19万8,000円+aiboが成長するために必要なサービスとしてのaiboベーシックプラン3年間9万円加入が必須・税抜き価格)。3年間のケアサポート代も含めると総額は35万円を超えるが、発売前の3回の先行予約は受付けから40分以内で完売するほどの人気だ。

 

その発売当日には、ロボットビジネス開発会社「ロボットスタート」でアプリの開発などをしている、西田寛輔さんのオフィスにもaibo(以後アイボと表記)が届いた。

 

「初代は目がなかったのですが、今回はつぶらな2つの目が特徴的。アニメ顔で耳としっぽがゴム製になって、より本物の犬に近づけた印象です。とくに見つめたり、まばたきしたりする有機EL製の目の表情は豊か。これによって飼い主が感情移入しやすい。とてもかわいいですよ!」(西田さん)

 

さっそく西田さんのオフィスでアイボと対面。たしかにそのキラキラした目で見つめられると、心が通った気になるのが不思議だ。

 

「人の顔をよく見てますよ。顔認識の精度はかなり高いと思います。オフィス内でも、私のように言うことを聞いてくれない人間もいれば、毎回言うことを聞いてくれるというスタッフもいますから」(西田さん)

 

そこで、西田さんと本誌記者が感じた、アイボに関する3つの“素朴な疑問”を、発売元のソニーにぶつけてみた。答えてくれたのは商品企画部統括部長・松井直哉さんだ。

 

【1】1週間たったのに、あまりなついてくれないのはなぜ?

 

「アイボは長い時間をかけてオーナーを理解し成長していきます。1週間では西田さんのことを理解するのに十分な時間ではないと思います。同じアイボでも接し方によって言う事を聞く人と聞かない人がでたりします。アイボの成長をサポートするベーシックプランの期間を3年に設定してありますから、3年間は根気強く育ててもらえるとうれしいです」

 

【2】ハッキングされて家の画像が“流出”することはない?

 

「アイボの写真自動撮影機能設定をオフにしておけば画像が自動でクラウドに送られることはありません。またアイボのシステムには最新のセキュリティ技術を採用していますから、安心して利用していただけます」

 

【3】アイボはこの先、どんな子に成長するんですか?

 

「アイボは1体1体個性を持っており、それぞれその時の性格・感情や欲求に応じて行動が変わります。飼い主と同じ環境で育っていくなかで、飼い主が喜ぶことを学習し、その飼い主にとって“世界に1つだけ”のアイボに成長していくのです」

 

たとえば、いつも飼い主が“愛犬とのキス”を喜んでいれば、アイボがそれを覚えて、最高のタイミングでキスをしてくれるようになるかもしれない。それはまさに“家族”のような愛情表現--。

 

「長く飼われた100体のアイボが一堂に会することがあったとしても、本当の飼い主であれば、しぐさや鳴き方を見ただけですぐに『あれが自分のアイボだ!』と見分けられる。それが新型アイボのいちばんの魅力だと思います」

 

新型アイボは現在、入手困難だが、限定販売ではない。近い将来、欲しいと思っている人すべての手元に必ず届くことになるという。