image

楽しく、幸せなねことの暮らし。でも、不調やトラブルは突然やってくる。そこで、猫専門医の服部幸先生が、悩みをズバリ解決する「にゃうにゃう猫生相談」!今回も、悩めるねこからこんな相談が届いた……。

 

【Q】「私は10歳のメスです。私の飼い主さんは、いろいろな種類のフードをくれるんですが、何でもおいしく食べるのが私の自慢。でも、食べるフードによっては、ウンチが軟らかくなることがあるんです。フードとの相性があるのでしょうか? あと、健康的なウンチの硬さも知りたいです!」

 

【A】「理想の便は、指でつまむと軽くつぶれるくらいの硬さです」(服部幸先生)

 

フードによる違いとして大きいのは、含まれている食物繊維の量です。食物繊維には、可溶性と不溶性があります。可溶性の場合、水分を含むとジェル状になるので、便は軟らかくなります。

 

フードの成分表には「素繊維」とだけ書かれていることが多いため、どのような食物繊維が使用されているか、一般の人にはわかりにくいですが、どちらがいい、悪いということではありません。もちろん、高いフードが必ずしもいいとは限りません。年齢、体形、病気かどうかなど、ねこの体のコンディションに合ったフードをいろいろ試してみてください。その際に、やはりいちばん大切なのは「よく食べる」ことだと思います。

 

そして理想の便は、ミルクチョコレート色で、指でつまむと軽くつぶれるくらいの硬さです。持っただけで崩れてしまうようなら、ちょっと軟らかいですね。また、カチカチに硬いのも問題。水分不足も考えられ、排便時に、ねこの体に負担がかかる場合もあります。

 

便が最後のほうだけゆるい状態になることがありますが、あまり心配しなくてもいいでしょう。ねこの肛門に便がついているときは、乾くとかさぶた状になって取れにくくなることがあるので、なるべく速やかに拭き取って、清潔に保ってあげてください。

関連タグ: