お風呂の大掃除を楽にする おばあちゃんの知恵袋

心も体も余裕がなくなってくる師走の季節。なかでもいちばん頭を抱えるのが、年末の一大行事、大掃除!

しかし、こんなときこそ、昔ながらの生活の知恵がヒントになるはず。本誌は大掃除に役立つ「おばあちゃんの知恵」を取材した。

 

大掃除でいつも苦戦するのが、お風呂のカビ掃除。特に水分や汚れのせいで、タイルの目地にはすぐにカビがついてしまいがち。なんとか楽にできないものか、教えて、おばあちゃん!

 

「お風呂掃除でカビを取り去った後、壁などのタイルの目地をよく乾かし、細めのろうそくを使ってこすりつけておきます。月に一度はこすってカビの予防をしておきましょう」

 

さらにお風呂の洗面器の湯垢には、使用済みテレカや使わないポイントカードなどを使えば削ぎ落とすことができるという。

 

「プラスチックやホウロウにも傷がつかず、洗面器の滑らかなカーブにもぴったりフィットします。面白いほどきれいに、しかも簡単に落とすことができますよ」

 

関連タグ: