1,000円でカップル成立も!?立ち飲みバーの「賢い利用方法」

本誌・読者のつぶやき『投稿 着いったー』のページで今回募集したテーマは”婚活してます”。すると、本当の婚活に使われているらしい立ち飲みバーがあるという情報が届いた。まだ婚活には早いかと思われる24歳のOL・東京都の投稿名〈体力あります〉さんによると――

「同僚に誘われて六本木の立ち飲みワインバーに行ったのですが、あそこは完璧に『婚活バー』でした。カウンターがいっぱいでも人がどんどん入ってきて、自然と他人と話をする雰囲気になるようになっている。そんで気が合ったカップルがテーブル席へ移動する、というのがセオリーのようでした。1,000円分くらい飲んだところで〝出会い〟がなければ帰っていく、という使い方ですね」

立ち飲みワインバーが賢く利用されている、ということのよう。ただ、年齢層は主に少し高めの〝ねるとん世代〟あたりだったという。

「30代後半から40代が中心。24歳の私と同僚は目立ちまくって、浮いていました。お店の人に『君たち、電車大丈夫?』なんて言われてしまい、『お前らにはまだ早い』という空気。翌日、婚活中の先輩に教えてあげたら『今日の服じゃムリ。明日ワンピースで行ってみる』とはりきっていました」

少々浮いてしまったという〈体力あります〉さんだが、正直な感想はというと「Hだけが目的の出会い系のお店より、全然いい!ちょっと先輩たちがうらやましいです」