スマートフォンの普及で、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)がより身近になり、ネットで友人、知人らと気軽に連絡を取り合うことができるようになった。その一方で『SNS疲れ』や『SNSいじめ』などが問題になっている。では、SNSでのマナーとはどういうものだろう。

 

「『Facebook』の“いいね!”は必ず押す必要はないと思います」と語るのは、ギャルのカリスマモデルとしてデビュー後、マルチに活動している小森純さん。自分の写真や日記、コメントを友人・知人ら不特定多数が閲覧することのできる『Facebook』では、『共感する』『楽しい』などの好意を示す“いいね!”というボタンがある。これは必ず押さないとマナー違反に?

 

「たくさんの“いいね!”にうれしくなって『Facebook』にハマっている人たちもいるようですね。それでみんなが楽しくできるのならいいと思います。ただ、これは自己満足の世界。義務にしてまで、“いいね!”を押さなくていいと思うので、マナー違反ではないのでは?」(小森さん・以下同)

 

チャット形式でメッセージのやりとりができる『LINE』は、送ったメッセージを相手が閲覧すると『既読』と出る。そのため、そのまま返事をしないでおくと人によっては「メッセージを見たのに、なぜ返事をしないの?」とイラ立ちの原因になりかねない。また、グループでのやりとりもできるため、“既読スルー”をきっかけに、いじめにつながることも。

 

「私はよく既読スルーしますよ。自分のなかで納得しちゃうので……。相手のことも、とくに気になりません。でもこれは、相手との信頼関係があってこそだと思うんです。LINEだけですべて完結してしまってはいけないのかなと。ただ、いじめに発展するという事実があるのであれば、年齢制限をもうけるなど運営側の対策も必要だと思います」

 

小森さんは、既読スルーや“いいね!”の是非よりも、言葉のマナーの大切さを感じているという。

 

「知らない人から『死ね』というメッセージがたくさん送られてきて、SNSの恐怖を感じたり、精神的にとてもきつい時期がありました。SNSを使用するときには、言葉に責任を持って、相手を思いやったマナーのあるメッセージを送ってほしいですね」

関連タグ: