「交通費は、何を利用するかで、支出が大きく変わります。私はLCC(格安航空会社)を利用して、東京から大分まで往復10円で旅したことがあります」

 

「無理なく楽しい」をモットーに、節約アドバイザーとして活躍中の和田由貴さん。2児の母として、自身も家計をやりくりしている。オフィシャルホームページや、ブログ「ゆうきの庭」、モバイルサイト「簡単! 身近な節約術」も好評だ。

 

「最近、私は飛行機の旅行では、LCCしか使いません。たとえばジェットスター航空だと、成田~関西空港が、正規料金でも5千690円から。さらにウエブから会員登録をすると、セールのメールが届き、これをこまめにチェックすれば、本当に安い航空券に出合えます。私は同じ路線を、990円で購入したことも」

 

’13年、和田さんがその中で見つけたのが、大分空港就航記念の、片道5円というチケット。大分へ行く予定はとくに立ててはいなかったが、すぐ予約したという。

 

「5円、10円のチケットがセールされていたら、とりあえず買っておきましょう!(笑)おかげで、大分への温泉旅行が、往復10円でできました。ただし、チケット決済の手数料に数百円が必要です。それからLCCの場合、10キロ位上の荷物は別料金になることも多いので、注意しましょう」

 

また、LCCの場合は成田空港発着、というものが多い。成田までの交通費は?

 

「東京駅の八重洲口から、成田空港行きのシャトルバスが1時間に2便、出ています。料金は900円と格安です」

 

LCCだけではなく、新幹線にも格安プランがある。その代表が「ぷらっとこだま」プランだ。

 

「JR東海ツアーズが扱っている、こだま号に格安で乗れるというものです。東京~新大坂間が、通常期なら片道1万300円(JRの所定の運賃では1万4千140円)。しかも、ドリンク1本の引換券つき。さらに千500円プラスすれば、グリーン車にも乗れるんです」

 

この「ぷらっとこだま」は切符としてではなく、旅行商品として扱われている。そのため、当日の予約はできないなど、いくつかの条件がある。ゴールデンウイークや夏休みに向けて旅行の予定がある人は、早めに予約するといいかもしれない。