image

「Kawaii」という感性は年代共通、今や世界共通! そして、その「Kawaii」の始まりは、1950~1980年代にかけて日本の少女文化をリードしたマルチクリエーター・内藤ルネでした。“カワイイ文化の祖”として国も時代も超えて乙女ゴコロを魅了し続けるルネが、10月21日より伊勢丹新宿店をジャックします。 

 

内藤ルネって?
1932年~2007年。愛知県岡崎市生まれ。中原淳一に憧れて上京後、ひまわり社に入社。『ジュニアそれいゆ』創刊と同時に主要メンバーとなり、表紙イラストや人形制作を担当して圧倒的人気を博す。少女雑誌各誌のイラストや付録を多数手がけるかたわら、キャラクターグッズ、食器、文房具、インテリア、手芸など、晩年まで多方面で活躍。その中から「ルネパンダ」「ステンシール」「キャノチエ(カンカン帽)」など数多くの流行が生まれた。

 

キーワード1❤内藤ルネ展

『Roots of Kawaii「内藤ルネ」展~夢をあきらめないで~』と題して、ルネの創作初期から晩年までの原画はもとより、当時の出版物、大ブームを生んだグッズに加え、現在活躍中のアーティストによるオマージュ作品などを一挙公開します。エリア内に登場するパフェショップ「RUNE PARLOUR」、限定商品などを販売するショップ「Marche RUNE」もお見逃しなく。10月21日(水)~26日(月)、伊勢丹新宿店本館6階=催物場にて。

 

キーワード2❤コラボ商品を発売

伊勢丹新宿店本館地下2階~6階の各フロアでは、さまざまなブランドとのコラボ商品が発売されます。(右)オリジナルボックス入りのあられ「RUNE’S ARARE BOX」(王様堂本店/¥6,480/6階=催物場)。(左)京都在住のイラストレーター・ナカムラユキ氏との協業で創られた空間「内藤ルネの部屋」にて販売の「三越伊勢丹オリジナルパジャマ」(¥10,800/1階=ザ・ステージ)。(下)低反発素材が心地いい「ルネ フラワー・ウエストピロー」(プティ・タ・プティ/¥4,536/4階=センターパーク)。10月21日(水)~27日(火)

 

キーワード3❤期間限定パフェが登場

「内藤ルネ」展の期間中、6階=催物場のエントランスすぐに限定オープンするのは、パフェショップ「RUNE PARLOUR」。創業130周年を迎える新宿高野×内藤ルネ×伊勢丹という、夢のトリプルコラボで実現しました。ルネ作品のモチーフにも数多く使われているフレッシュフルーツがたっぷりのったオリジナルパフェを、カワイイ空間で召し上がれ。「パフェ」¥2,592~。10:30~20:00(最終日は18:00終了/ラストオーダーは閉店の30分前)

 

キーワード4❤オリジナルチャームをプレゼント

イベント期間中、毎日シールラリーも開催。本館地下2階、本館2~6階の全6カ所をまわってオリジナルシールを6枚集めたら、6階「内藤ルネ」展へGO。ゴールドのネコがなんともキュートなオリジナルチャームがもらえます。※各日先着400名、なくなり次第終了、1人1回限り。※10月26日(月)18時以降および27日(火)のチャーム受け渡しは本館1階=ザ・ステージ。

 

キーワード5❤原画レプリカをプレゼント

ファン垂涎! 10月21日(水)~23日(金)の限定3日間、「内藤ルネ」展入場のかた各日先着100名に「伊勢丹新宿店限定 シリアルナンバー入り原画レプリカ(ハガキサイズ/フレーム入り)」がプレゼントされます。赤・黒・白のカラーが印象的なちょっと大人な3つのデザイン。デザインは3日3様で異なるため、思わず毎日並んでしまいそう……。

 

●イベントを記念して、ルネの魅力たっぷりの“カワイイ”グッズをプレゼント!
詳細はこちら://jisin.jp/community/present/3596/