今年もサマージャンボ(1等・前後賞合わせて7億円)が7月9日から発売になった。どこの売り場で購入するか、まだ迷っている人も多いだろう。今回は、本誌が発見したこの法則に注目してほしい。まず次の「ロト6×ジャンボ1等連チャン売場」をご覧あれ。

 

【東京都・西銀座チャンスセンター】
〈ロト6〉’17年12月25日抽せん・1等=2億7,720万7,200円
〈ジャンボ〉’17年年末ジャンボ・1等=10億円

 

【東京都・池上駅前チャンスセンター】
〈ロト6〉’18年4月5日抽せん・1等=1億6,867万5,400円
〈ジャンボ〉’18年バレンタインジャンボ・1等=3億円

 

【北海道・帯広いっきゅうチャンスセンター】
〈ロト6〉’18年5月3日抽せん・1等=2億674万8,000円
〈ジャンボ〉’18年ドリームジャンボ・1等=5億円

 

「西銀座チャンスセンター」を皮切りに。今年のバレンタイン、ドリームと、ロト6とジャンボ1等がダブる売り場が3回連続しているのだ。

 

じつはほかにも、こうした奇跡の連チャン売り場はある。東京都「赤羽西口売場」もそのひとつ。山田一秀社長が語る。

 

「’09年春でした。私が夜に窓口にいると、若い学生がロト6のくじを『これ調べて』と。判定機に通すと、2等2,000万円の大当たり!」

 

するとこの年、サマーで売り場から初の1等3億円。さらには、つぎに常連の男性が、ロト6で1等1億6,000万円を当てたのだ。

 

「売り場には“連チャン期”というのが確かにありますね。じつは最近、うちの売り場は小当たりが出始めていて、そろそろかなと思っています」(山田社長)

 

大阪府「磯上チャンスセンター」は’16年サマー7億円当せん売り場だが、その前にロト6の1等も出ている。

 

「当てた2人は近所の40代の主婦の人。ロトの主婦は、そのころずっと同じ数字を買っていて、執念で当てた様子。サマーの主婦はたまたま買ったバラ30枚に1等が! これだけ狭いエリアで大当たりが続くと、ロト6とジャンボには不思議な絆があるとしか言えません」(販売担当・篠木将司さん)

 

さてここからは今回、本誌イチオシの2売り場を紹介しよう。

 

’17年年末1等の後賞1億5,000万円の実績がある、京都府「コトチカ京都チャンスセンター」。ここから6月11日にロト6で1等2億8,000万円が出た。運気は絶好調だ。

 

「先日はスクラッチで、小さなお子さん連れの女性が500万円を当てた。本当に波が来ています。昨年年末が後賞だけしか出ず中途半端だったので、サマーこそ7億円を出しますよ」(日比隆司店長)

 

そして過去15年で30億円超の当たりを出している、東京都「宝くじ御徒町駅前センター」。“徳じい”こと、中野徳治社長はこう話す。

 

「ここ3年間、億から遠ざかっていて、まさに身も細る思い。それが今年3月、ロト6で1等2億8000万円。お客さんが自分で選んだ数字でドカン。長年の経験からわかる。当たりは連鎖するよ。とくにロト6とジャンボは相性がよくて、うちは開店からこれで4回、ロト6の1等が出てるけど、過去3回は1年以内にジャンボ億。ものすごい確率だと思うでしょ?」

 

あなたも最近、ロト6の1等が出た売り場を見つけたら、その運にあやかってみては?