《親の介護が始まり、慣れない力を使ったから腰や肩が痛くて……》《介護は重労働。いつまで続く?》

 

身内の介護でこんな悩みを持つ女性に、ぜひ習得してほしいのが古武術介護である。

 

「古武術の習得は、日本人であれば誰でも備えているDNAを目覚めさせるだけ。本来持っている身体能力を思い出す作業に近いかもしれません」

 

こう話すのは俳優の榎木孝明さん(62)。映画やドラマで活躍する榎木さんは、古武術や気功の達人としても知られる。バラエティ番組では、指先だけで悠然と相手を倒していく技を披露した。

 

「日本人が筋トレを始めたのは、明治維新以降のこと。それ以前の日本には、1日100キロ以上の街道を走る飛脚が存在したり、古来の武術や剣術も、腕力や筋力に頼らない体の使い方が基本でした。古武術は、筋力・体力・年齢を超越できる武芸であり、力のない女性による介護や、“老老介護”にも応用可能で、おススメします」(榎木さん・以下同)

 

そこで今回、古武術の基本を榎木流にアレンジした、介護の心得を伝授。

 

【1】感謝の言葉を言霊に

 

「介護させていただくというスタンスで、『ありがとう』の感謝の気持ちを、声に出して伝えること。うわべだけでなく、心を込めて。『ありがとう』の言葉は、強い波動(=エネルギー)をもたらし、力を使わずに介助することができます」

 

心からの感謝が伴えば、力を入れることなく、ふわりと相手を誘導することができるという。

 

【2】体も心も相手と一体になる

 

うまくサポートするには、相手の体と一体になって動くこと。

 

「腕力で動かそう、持ち上げようとすると、相手も緊張してしまいます。こちらの気配を消すようにして、気持ちを楽にしてください。こちらが楽なら相手も楽なのです。体も心も一体化して動くこと」

 

【3】まっすぐに立つ

 

「介護する者は、まっすぐに立つことを意識し、体幹を整えましょう。大きく呼吸を吸いながら肩を上げてつま先立ちになり、ストンとかかとと肩を落としながら、息をふーっと吐ききる。この動作をするだけで、しっかり立つことができ、邪な気持ちも抜けます。当たり前の感謝の気持ちと、他者をいたわる気持ちも芽生え、高い波動が、相手や周囲にも安心感を与えます」

 

筋力・体力・年齢を超越できる武芸である古武術。感謝の言葉が波動をもたらし、気配を消すことで、力を使わずに介助が可能なのだ。