「ふと鏡を見て、自分の丸さにびっくり! ダイエットしても、体重が落ちないのは、努力不足!?」

 

40歳を過ぎて年齢を重ねてくると、体重やウエスト回りが気になって、何を着ればいいかわからなくなるもの。

 

「50代を迎えて“おばちゃん体型”になるのは、人間として当然のことですから、自分を責める必要はありません。私はそれを“大人体型”と肯定的に呼んでいます。しかし、服の選び方や着方しだいで、5キロやせて見せることができるんです!」

 

そう断言するのは、服飾戦略スタイリストの窪田千紘さん。10月13日に著書『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』(講談社)が発売された。彼女が発信するブログは「ファッションの悩みが即解決した!」と絶賛され、著書は発売前の9月時点にして、Amazonの「本」カテゴリで1位を獲得。とくに、窪田さんの事務局のメンバーである原田容子さんがモデルを務める記事は、反響が大きいのだそう。

 

「女性は40~46歳のとき、下半身より上半身のボリュームが目立つ体形になります。そして50代に入ると、おなかとバストがほぼ同じサイズになるケースも……。その体形をキレイに見せるのに大事になるのが、服の色や形。たとえば黒や紺は、ピンクと比べて小さく見える視覚効果があります。上下が分断していないロングカーディガンは、丈が長いほどスタイルをよく見せることができる。昔着ていた服をそのまま着るのではなく、自分がどう見られているのか、客観視することがやせ見えへの第一歩ですよ」