本誌ではこれまでさまざまな角度で「億招き」の秘訣を紹介してきたが、今回は占い芸人として大ブレーク中の島田秀平(40)が登場。全国1万店以上ある宝くじ売り場から、今年の年末ジャンボ1等・前後賞合わせて10億円に向け、ここぞという「全国推し売り場10」を選んでもらった。そのポイントは、“億名”だ。

 

「売り場名を言葉にしたときの音は、言霊といって非常にパワーがあるんです。億を招く音を持つ売り場名であること。そこに運気のいい販売員がいて、地元の神様ゆかりの品があれば最高です」(島田)

 

【岩手県】宝くじ神社一戸イコオチャンスセンター
最新「億」実績:’13年宝くじの日記念1等と前賞2億7,500万円
強運売り場名ポイント:一等行こうは全国ここだけ

 

【岩手県】ジョイス久慈チャンスセンター
最新「億」実績:’17年サマー1等・前後賞7億円
強運売り場名ポイント:ジョイ(喜び)のくじ

 

【栃木県】宝積寺バイパスチャンスセンター
最新「億」実績:’14年サマー1等・前後賞6億円
強運売り場名ポイント:文字どおり宝を積む

 

【東京都】池袋西口地下街東武ホープセンター
最新「億」実績:’16年オータム1等・前後賞5億円
強運売り場名ポイント:東武=当富のホープ(希望)

 

【大阪府】大阪駅前4ビル特設売場
最新「億」実績:’18年サマー1等と後賞6億円
強運売り場名ポイント:大きな特=得がある

 

【岡山県】大安寺宝くじ売場
最新「億」実績:’17年ハロウィン1等と後賞4億円
強運売り場名ポイント:文字どおり大安

 

【岡山県】藤田ダイキチャンスセンター
最新「億」実績:’16年サマー1等・前後賞7億円
強運売り場名ポイント:まさかのダイキチ

 

【広島県】吉川たばこ店
最新「億」実績:’13年年末1等7億円
強運売り場名ポイント:吉がたばと読める

 

【長崎県】ゆめタウン夢彩都チャンスセンター
最新「億」実績:’17年サマーミニ1等2本合計2億円
強運売り場名ポイント:夢がダブル

 

【鹿児島県】新栄サンキューチャンスセンター
最新「億」実績:’12年ドリーム1等1億円
強運売り場名ポイント:栄えてサンキューと読める

 

“億名”の代表格が大阪府「大阪駅前第4ビル特設売場」だ。

 

「宝くじファンは売り場名を縮めて『大阪4特』と呼ぶ。ここに大きな特(得)というパワーが言霊として秘められているんです」(島田)

 

しかもこの売り場には岡根真弓さん(通称おかねさん)という“吉名”販売員が存在。しかも店頭には、地元氏神様である「お初天神」で当せん祈願した10億円分の札束(見本)がディスプレーされている。

 

「先日も一度購入して帰ろうとした女性が、この札束ディスプレーの前でふと立ち止まって、また追加で連番10枚を買いに来たんです。そしたらそれが1等・前後賞の大当たり。その女性いわく『ディスプレーが何か私にささやいている気がして、追加で買ったのよ』とおっしゃっていました」(岡根さん)

 

まさにトリプル運気アップパワー全開だ。

 

東京都「池袋西口地下街東武ホープセンター」もトリプル運気アップパワー売り場。

 

「東武は当富と同じ音。それに希望(ホープ)が加わった“億名”」(島田)

 

ここには通称「イットー幸子」でおなじみの吉名販売員・伊藤幸子さんが在籍。またジャンボ時には、板橋区双葉町の氷川神社で当せん祈願した太鼓を店頭に飾って、ゲン担ぎにも抜かりはない。

 

「サッカーくじBIG1等を全国ダントツで6本出している強運も見逃せない。だてに『当富の希望』ではないですよ」(島田)

 

奇跡の大当たりを呼ぶ「億名」売り場。あなたもあやかってみてはいかが?