何かと物入りになる12月。店頭やウェブサイトで購入・申し込みをする前に、「ポイントサイト」をのぞいてみよう。お目当ての商品があったらラッキー! 二度おいしい、が味わえる!

 

「ポイントサイトの広告を通して買い物や各種サービスを利用すると、ポイントが貯まり、手軽にお小遣い稼ぎができます。これを利用しないのは損ですよ」

 

こう話すのは、ポイント情報サイト「ポイ探」を運営する、菊地崇仁さん。昨年末、ポイントサイト大手の「ハピタス」がテレビCMの放送を始めた影響もあり“ポイ活”を始める人が急増中で、1年で10万円相当のポイントを貯める人も珍しくない。

 

ポイントサイトとは、提携する企業でショッピングをしたり、サービスを利用することで、条件に応じたポイントがもらえるサイト。サイト内の広告を通してサービスを利用すると、その企業からポイントサイトへ宣伝費が支払われ、その一部が利用者へ還元される仕組みになっている。提携先企業は通販サイトから銀行、旅行会社まで幅広く名を連ねる。貯まったポイントは現金やギフト券のほか、Tポイントなどの他社ポイントにも交換できる。

 

「ポイントを貯める方法は、大きく分けて3つ。(1)買い物やサービス利用、(2)アンケート回答やモニター調査、そして(3)サイトで遊ぶビンゴなどゲームでの当選です」

 

たとえば「楽天市場」を利用する際、ポイントサイトで該当の広告を選んでクリックすると「楽天市場」のページが開くので、いつもどおり買い物をする。これだけで楽天ポイントと、経由したサイトの両方にポイントが貯まるのだ。

 

「楽天市場の還元率は基本的に1%ですが、そのほかの広告だと時期によって付与ポイントが跳ね上がることもあります」

 

そんなポイントサイト利用の際の注意点を菊地さんが教えてくれた。

 

【サイトの運営元を調べよう!】

 

ポイントサイトのなかには、運営元不明の怪しげなものも。

 

「突然サービスが終了して、貯めていたポイントがゼロになる恐れもあります。まずは運営元が信頼できる会社かどうかをチェック。上場企業運営のサイトなら安心でしょう」(菊地さん・以下同)

 

【定期的にポイントを交換しよう!】

 

ポイントには有効期限があることをお忘れなく。

 

「定期的にログインすれば失効しないサイトもありますが、一度利用したあと、それきり忘れて無効になってしまうこともあるので、小まめに交換しましょう。特に複数のポイントサイトを利用する人は注意して」

 

【引っ越し、保険は必要なときのみ!】

 

ポイントサイト内の広告を見ていて目に留まるのが、引っ越しの見積もりや保険相談の一括申し込みサービス。

 

「各社から連絡の電話がいっせいにかかってきて、過度な勧誘を受けることも。近々利用する予定がないのに、ポイント目当てで申し込むのは避けましょう」

 

ポイントサイトをよ~く勉強して、年末の出費からお小遣いを稼ごう!