血液型で観るべき映画に違い「B型“無駄買い体質”を改善する作品」

DVDで、動画配信で、年末年始は「自宅でのんびり映画でも見よう」と考えているあなたに朗報。なんと、血液型別の“お金体質”をふまえた「金運を底上げする映画」があったんです!

 

「以前、『50回目のファースト・キス』を見た知人から『急に仕事にやる気が出て臨時ボーナスをもらった』と聞いたのが、映画には人の運気を上げる力があると考えるきっかけになりました」

 

そう話すのは、行動心理学にくわしい御瀧政子さん(心理研究家)。映画を見ただけで運気が上がる? にわかには信じがたい人もいるだろう。

 

「後日、心理学、脳科学の立場から、改めてこの作品を見ました。前日のことをすべて忘れてしまう短期記憶障害の女性に一目ぼれし、毎日告白する獣医の男性を描いた物語。そこにはコツコツと続けることで欲しいものが手に入るという強いメッセージを感じました。これが彼の潜在意識にある“やる気スイッチ”に働きかけて、運気を上げたのだと思います」(御瀧さん・以下同)

 

もともと御瀧さんは自ら年間100本は見ているという映画好き。それ以来、見た映画すべてを「運気アップ」の面で星付け。手元に膨大なリストができあがっているとか。今回はそのリストの中から、とくにお金に関する潜在意識に働きかける映画を厳選。さらに、血液型別性格診断の分野では第一人者でもある御瀧さんはこう語る。

 

「血液型によって、お金に対する気質が違います。当然、金運を上げる“やる気スイッチ”のポイントにも違いがあり“金運を上げる映画”が異なります。そこで血液型別に6作品ずつを選びました」

 

また直接、潜在意識に働きかけるために、おすすめ映画を見るのには順番があるという。

 

「まず◯マークの2作を見て、感動してください。感動することで心が清まり素直になります。つぎは△マークのあなたを応援してくれる2作。最後に□マークの2作。これであなたの潜在意識に“金運やる気スイッチ”が点灯。お金が貯まる体質になっているはず。できれば見るときは集中力を上げるため、空腹時がおすすめ」

 

■「B型」お金の大切さを教える映画で“無駄買い体質”改善!

 

【お金体質】

「自分の趣味や興味があるものには惜しみなくお金を使って楽しむ派が多いのが特徴。人生を楽しく過ごすうえでは『金は天下の回りもの』が信条。もしお金がなくなっても『どこからか、再び入ってくるもの』と確信しているような面があります。よく言えば楽天的。人生が順調なときはそれでかまいませんが、下り坂になったときには、どんどんお金がなくなってしまいます。そんなあなたの金運を上げるためには、何よりバランスのよい金銭感覚を身をもって知ることが大切です」

 

【金運を底上げする映画】

「B型はしっかり自分で納得しないと行動しません。そんなあなたの金運を上げるためには、具体的にお金の大切さを成功例と失敗例の両面で教えてくれる映画が向いています。B型がハマりがちなストレス解消の無駄買いが減り、着実にお金が貯まりだしますよ」

 

◯「50回目のファースト・キス」(’04年・米国)
〈概説〉前日の記憶を全て忘れてしまう女性にアタックを続ける男性の恋の行方は……。
〈潜在意識への働きかけ〉コツコツと地道につづけることで夢はかなう。

 

◯「ラブソングができるまで」(’07年・米国)
〈概説〉落ちぶれたロック歌手が家に水やりに来ていた女性の口ずさんだ歌にほれ込んで……。
〈潜在意識への働きかけ〉自分の中に眠っている才能の再起動にチャレンジ。

 

△「ドリームガールズ」(’06年・米国)
〈概説〉黒人女性グループ「スプリームス」の成功の過程をモデルにしたミュージカル映画。
〈潜在意識への働きかけ〉必要は成功の源。

 

△「ブルックリン」(’15年・英国ほか)
〈概説〉アイルランドからニューヨークにひとり渡った女性の成長を描く。
〈潜在意識への働きかけ〉自分の居場所を作るためには人との葛藤を恐れるな。

 

□「オールド・ルーキー」(’02年・米国)
〈概説〉35歳で大リーグにデビューしたジム・モリスの半生を描く実話。
〈潜在意識への働きかけ〉夢に挑戦するのに年齢は関係ない。

 

□「幸せのちから」(’06年・米国)
〈概説〉事業を失敗しホームレスになったクリス・ガードナーが再起して成功する半生を描く実話。
〈潜在意識への働きかけ〉自分の才能を信じて挑めば道は開ける。

 

数カ月に1度、繰り返して見ることでさらに効果があるという。年末年始に一気見して、来年の金運を上げてみてはいかが?

関連カテゴリー: