引き寄せのカリスマKeiko「世界は12月3日から“大変革”へ」

「12月3日に、“ラッキースター”と呼ばれる木星、そして土星と冥王星が、やぎ座に集結。ここから2020年にかけて、“一生に一度”といっていいほど強力な幸運を、私たちにもたらしてくれます。この惑星の配置を、私は『やぎ座トリプルグレートコンジャンクション(以下、やぎ座TGC)と呼んでいます」

 

そう語るのは、社団法人「ルナロジー協会」の代表理事を務め、引き寄せのカリスマと呼ばれるKeikoさん。

 

水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の8の天体は、太陽の周りを公転している。西洋占星術は、天球を12星座の領域に分け、月、太陽を含む10天体がどの星座に滞在しているかをもとに占っている。

 

公転周期はそれぞれ、木星は12年、土星は30年、そして冥王星は250年。周期は大幅に異なるため、やぎ座に3つの惑星がそろうのは、気が遠くなるほどの確率! やぎ座TGCがどれだけ貴重で、パワーにあふれているかわかるだろう。

 

「木星は、“天空のサンタクロース”の異名を持ち、幸運をもたらす星として知られています。土星は“安定・継続”をもたらす土台づくりを意味する惑星で、すでに’17年12月からやぎ座の領域にいます。木星と土星が同じ星座に入ることは、社会や時代の“変革期”への突入を表すのです」(Keikoさん・以下同)

 

さらに、破壊と再生をもたらす“天空の覇者”と呼ばれる冥王星もそこに加わることで、世の中の変革は本格化していくのだとか。

 

「やぎ座TGCは、世界を揺るがすほどの影響を及ぼすはず。どんな変化が起こるのか、私にも想像がつきません」

 

日本では10月22日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」が執り行われ、新時代へ。また、同月26日、ローマ・カソリック教会は「既婚男性は司祭になれない」という900年続いた伝統について、変更の可能性を示唆した。

 

世界各国で起こっている“時代の転換”は、やぎ座TGCの“前兆”であるという。

 

「やぎ座がおもに表すのは、社会のシステム、そしておのおのの仕事や報酬。これから、経済や政治の体制にも、続々と変化が訪れるでしょう。やぎ座TGCが始めることで、私たちには、収入の安定、不安のない暮らしや、仕事の成功、昇進や昇給、ステータスのある男性との出会い、結婚などをもたらしてくれます。しかし、待っているだけではこの恩恵は受けられません。私たちはやぎ座TGCに向けて“準備”しておく必要があるのです」

 

やぎ座に集まった惑星たちは、私たちにも行動を起こすことを求めている。

 

「土星は安定をもたらしましが、厳しい“試練”を課したがる性格。そして冥王星は、好き嫌いが激しい星です。日ごろの行いを改め、『私は幸運をつかむ準備をしていますよ』とアピールすることで、惑星たちに好かれることが重要なのです。そのためには、3つの星が集まるやぎ座が持つ数々の特徴を、暮らしに取り入れることです」

 

では、具体的にはどのようなアクションを起こすべきなのか。Keikoさんは次の3つをあげる。

 

【1】「和」の文化に触れよう

 

「まず、やぎ座が象徴するのは、“ザ・ジャパン”。日本国内で長い年月を経て受け継がれてきたものと相性がいいんです」

 

つまり、和の文化や伝統に親しむことが、関連の準備行動の1つになるという。

 

【2】日常生活は「スマート」を心がけよう

 

「やぎ座は予定外のことが苦手。前もって計画されていることを実行に移すのが得意な星座です。日常生活では、“5分前行動”を心がけることが肝心。また、やぎ座は年長者や先祖との関係性もつかさどります。機会をうかがって、両親や上司を食事に誘ってみましょう」

 

【3】格式高い神社へ足を運んで、参拝しよう

 

「神社仏閣や山は、やぎ座のサインが現れる場所。休日に出かけるなら、伊勢神宮や橿原神宮など、“神宮”と名のつく格式高い神社に参拝するのがオススメ。奈良、京都、金沢など古都や城下町を訪ねたり、日光東照宮や大阪の仁徳天皇陵などの世界遺産に足を運ぶのもよいでしょう」

 

一生に一度、天体からの幸運を逃さないために、今日から行動に移してみよう。

関連カテゴリー:
関連タグ: