ネット購入でも使える“ドリームジャンボ”幸運引き寄せる買い方

5月8日から、1等前後賞合わせ5億円のドリームジャンボが発売された。気になるのは、新型コロナウイルスの影響だ。

 

「地域によって、時短などをしながら営業している売り場もありますが、人気売り場の『西銀座チャンスセンター』や『大阪駅前第4ビル特設売場』などは軒並み営業自粛中。お目当ての売り場が閉まっている場合、自宅からインターネット購入というのも一案だと思います」

 

こう話すのは、宝くじ開運アドバイスに定評がある京都風水師・ほへとさん。えっ、ジャンボ宝くじがネットで買えるの? という人も、まだ多いのではないだろうか。

 

’18年10月24日から、「宝くじ公式サイト」に会員登録すれば、それまで、宝くじ売り場でしか購入できなかった、ジャンボ宝くじのような紙のくじも買えるようになった。宝くじ受託元のみずほ銀行によれば、

 

「開始当初の会員数は10万人でしたが、現在、216万人を突破。’18年年末1等10億円をはじめ、これまで1年半で3本ジャンボ1等が出ています」

 

なんと、その総額は25億円! ネット購入には、事前に「宝くじ公式サイト」への会員登録と支払い方法登録が必要。サイトのトップページからマイページを作成する。支払い方法は、クレジットカード決済とドコモ払いが選択できる。会員登録が完了したら、手順に沿って宝くじを購入。

 

「よくネット購入は機械任せだから、縁起担ぎしてもしょうがないという人がいますが、それは間違い。店頭で購入しても、ネットで購入しても、当たるのはその人の運によって決まります。とくにネット購入には、店頭購入ではできない開運法があるんです」(ほへとさん・以下同)

 

そこで、ほへとさんに秘伝の「京都式風水」でネット購入時の開運法を教えてもらった。

 

【1】金運がいい日に買え!

「風水的に金運がよい日は決まっています。ドリーム発売期間で、もっとも強いのは、5月15日と30日。ほかに5月13日、23日、6月1日。3日もお勧めです。この金運吉日は、売り場で購入する場合もぜひ参考にしてください」

 

【2】金運アップの兆しを見逃すな!

「当せん金の振り込みに指定した銀行口座に、思いがけない入金があった日は吉日。たとえば国民に一律10万円の特別定額給付金が振り込まれた直後は狙い目です」

 

【3】吉方位に体を向けて買え!

「金運を司っているのは大黒天。大黒天の吉方位は北です。家のいちばん北側の部屋で、北の方位を向いて、スマホやノートパソコンを操作して、購入すると、大黒天の加護がもっとも強くなります。デスクトップの場合でもなるべく北向きにして操作すると効果が」

 

【4】大黒天の呪文を唱える!

「画面の“購入”のクリックをする直前に『おん まかきゃらや そわか』と、おなかの底から実際に声に出して唱えること。これは大黒天の金運アップの呪文。大声ではなく、うなるように唱えることがもっとも重要です」

 

コロナ禍で、外出自粛が続く地域も多い。今回はネット購入で億招きしてみてはいかが?

 

「女性自身」2020年5月26日号 掲載

関連カテゴリー: