台所を掃除して「健康運、金運」を手に!油汚れ放置はNG

「神様というのは“穢れ”に近づくことができません。ですから、せっかく神社やパワースポットに行って、いい気をいただいて帰ってきても、家が汚れていたらその気はリセットされてしまいます。ついてきてくださった神様も、居心地の悪さに逃げ帰ってしまうことでしょう」

 

そう話すのは、予約半年待ちという大人気の霊的占い師、嶋田美幸さん。嶋田さんは熊本県で三代続く瓦屋の娘として生まれ、地鎮祭や上棟式など、家と関わる神事を身近に感じる環境で育ってきたという。

 

「どんな家にも、人が住むところには“家神様”がいらっしゃいます。私たちの家の中にはたくさんの神様がいらっしゃいますが、なかでも家神様はその中心的な存在で、住人を災いから守り、導いてくれるのです。ところが、部屋がモノであふれたり、掃除が行き届かずホコリだらけになってしまったりといった具合に家が荒んでくると、悪い気が充満し、家神様の力は薄れてしまいます。当然、外から福をもたらす神様が入ってくることもできません」(嶋田さん・以下同)

 

空き家になると家が急速に荒廃していくのは、手入れが行き届かないことだけが原因ではなく、家神様がいなくなり、その代わりに貧乏神や疫病神といった災いを呼ぶものがすみ着くからだという。

 

「きれいなところにはきれいなものが、汚ないところには汚ないものが宿ります。家が汚れていると病気やトラブルなど悪いものを引き寄せてしまいますが、逆にきれいな家では神様がパワーアップし、私たちに幸運をもたらしてくれるようになります。そのカギが、お掃除なのです」

 

今年2月には、その掃除法をまとめた『神様が味方する奇跡のお掃除術 家と自分をパワースポットにして大開運!』(今日の話題社)を出版。本の内容を実践した読者からは、「宝くじが当たった」「諦めていた結婚が40代になってかなった」「息子のうつ病が治った」などの声が相次いでいるという。

 

そこで、場所ごとの掃除法について嶋田さんに指南してもらった。

 

【台所・健康運、金運をつかさどる】シンクをきれいに磨き上げれば、欲望や邪念もスッキリ水に流せる

 

私たちの健康と密接につながる「食」。その食をつかさどる台所を汚れたままにしておくと、健康運が下がってしまう。

 

「台所掃除のポイントは、水で厄を流すこと。水が流れるところには、龍神様や水神様がいらっしゃり、悪い気や念を水の流れとともにあるべきところに流してくださいます。肉や魚は食材である前に命であり、台所で扱うときに念が残っていることもあります。それらを神様にスッキリ流していただけるよう、シンクや排水溝のぬめりをとり、しっかり磨いてきれいにしておきましょう」

 

ガスコンロなどの熱を発する場所は、火の神様の領分。火事や食中毒が起こらないよう防いでくれているという。

 

「火の神様の中には、気性の荒い神様もいらっしゃいます。油汚れをそのままにしておくと、火のエネルギーが強くなり、その影響で荒ぶる神と化して金運を燃やしてしまうことも。油汚れは放置するほど落としにくくなるので、その日のうちにさっと落としてしまいましょう」

 

また、食べた後の汚れたお皿をシンクにいつまでも置いておくと、邪気が寄ってくる。「食事を終えたら、すぐに洗う」を習慣に。

 

【洗面所/お風呂場・美と心の健康をつかさどる】天井からシャンプーの裏側まで……日々の穢れはため込まないこと

 

私たちは日々、外で邪気を拾い持ち帰っている。洗面所やお風呂は、そうした邪気や心にたまった悪い気を洗い流す“禊”の場所であるだけに、掃除にはとくに力を入れたい。

 

「水が流れるところですから、龍神様、水神様がいらっしゃいます。台所のシンクと同じように、ぬめりを残さないように排水口のお掃除はこまめに行いましょう。流れが滞ると、心身の浄化がきちんとできず、何をやってもうまくいかないと感じるようになります。排水口のゴミ受けにたまった抜け毛はそのつど片づけて。せっけん受けやシャンプーのボトル類の底のぬめりも大敵です」

 

お風呂場は天井から丸洗いを。カビ菌の繁殖は天井から始まるので、カビ防止の意味も込めて天井のお掃除にも手をかけよう。

 

「お風呂場の隅々まできれいに洗い上げるのは一仕事。始める前に気が重く感じることもあるでしょう。そういう場合は、月曜は天井、火曜は洗い場の床、水曜は壁といった具合にローテーションを組んで進めると、精神的な負担が少なくなります。私はお風呂でヘアトリートメントをしている間に毎日少しずつお掃除をしています」

 

掃除で神様を呼び、わが家を最強のパワースポットにしよう。

 

「女性自身」2020年6月2日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: