サンシャイン水族館「新クラゲエリア続々オープン!」
今月オープンしたばかりのクラゲエリアの巨大パノラマ水槽。

水中をゆったり浮遊するクラゲたち。今月、人気水族館に新クラゲエリアが続々とオープン!

 

ここ、東京・池袋のサンシャイン水族館の新エリア「海月空感(くらげくうかん)」では、横幅約14メートルの巨大パノラマ水槽に約1,500匹のミズクラゲが視界いっぱいに広がる。

 

「クラゲ本来の色を見せるため、ライトはあえてカラフルなものにせず、白で統一。海中にいるような気分を味わえるような演出をしています」(水族館担当者)

 

クラゲは体がほぼ水分でできているため傷つきやすく、実はとても繊細。クラゲ担当の飼育員さんに、知られざるクラゲトリビアを聞いちゃいました。

 

■死ぬと水に溶ける

体の95〜98%が水分で、ゼラチン質でできているクラゲ。寿命が近づくと動きが鈍り、体はどんどんしぼんで水に溶けてなくなる。

 

■寿命は1年……

直径1ミリくらいの赤ちゃんクラゲは、浮遊生活を始めて1〜2カ月で大人のクラゲの姿に成長するが、ここから数カ月で寿命を迎える。

 

■脳も心臓もない!

神経が通っているが、脳や心臓はない。リズミカルな収縮運動“拍動”が心臓のような役割を果たし、全身に酸素や栄養を循環させる。

 

■クローバー模様は胃

ミズクラゲの傘にある四つ葉のクローバーのような模様は胃。エサを食べた直後は、エサであるプランクトンの色(オレンジ)に見える。

 

■違う種類には攻撃する

別の種類を入れると毒針で攻撃し合うため、クラゲの展示は1水槽あたり1種類。自分と同じ種類かどうかを確認し、共食いはしない。

 

今夏、実は儚きクラゲとの癒し時間を楽しんでみては?

 

「女性自身」2020年7月21日号 掲載

関連カテゴリー: