加藤綾菜と夫・茶の介護「批判から守ってくれた。今度は私が…」

長年連れ添い、紆余曲折を経ながら、最後は「夫を介護する」という試練と向き合うことになった妻たち。そのとき、夫に何を思うのか。きれいごとだけでは片づけられない複雑な思いを超え、見えてきた「夫婦って何?」の答えに、耳を傾けましたーー。

 

■加藤綾菜さん(32・タレント)/夫は加藤茶(77)

 

「フィーリングや笑うツボが一緒で、加トちゃんとの年の差が気になったことはないんです。ただ最近、“私が彼を産んだのかな?”と思うときがあって。今朝も寝顔を見ているうちに愛おしくなって、彼の頭をなでていました(笑)」

 

そう語るのは、加藤茶夫人として自然体で夫に尽くす姿が共感を呼ぶ加藤綾菜さん。綾菜さんは短期大学進学時に広島から上京。’09年、六本木の割烹料理店でアルバイトをしていた19歳のとき、来店した茶さんに気に入られ、交際を経て’11年6月に入籍。

 

「世間の反応を覚悟のうえで、責任を感じて入籍してくれた彼には感謝しています」というが、結婚当初は45歳年下というだけで綾菜さんへの風当たりは相当なものだった。そんなさなかの’15年、茶さんは『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合)のロケの夜に倒れ、そのまま入院、闘病生活を余儀なくされる。診断結果はパーキンソン症候群という大病。しかし、手が震え、スプーンもまともに持てなかったという茶さんに、献身的に寄り添い、看病する綾菜さんの姿が報じられると、世間の目は次第に変化していった。

 

「あのころは絶対に彼を死なせたくないという使命感に燃えていました。主治医の先生からは『回復は難しいでしょう』といわれましたが、結婚して数年しかたっていないのに、という思いがありましたし、生命の力を信じる心が強かったんです。『彼の大好きな仕事に復帰して舞台に立ってほしい』と、そればかり願っていました」

 

入院当初の茶さんは筋力が衰え、体重も一時期38キロまで低下。退院しても食事が喉を通らず、綾菜さんは「このままではいけない」と、本格的に減塩食を学ぶため、料理教室に通った。食育インストラクターの資格を取得するも、次は介護について学ぶ必要があると痛感した。

 

「病室では医師や看護師さんたちが彼のために立ち働いてくださるなか、私はついているしかできないというもどかしさがあって」

 

この後、茶さんは奇跡的に回復、舞台にも復帰を果たした。

 

「退院時に『1年後、舞台に立とうね』という目標を立て、『今日は5分歩けたから、明日は6分を目指そう』とか、地道なリハビリに励みました」

 

その間、食材のうま味を生かした減塩料理を作るなどの試行錯誤を繰り返すうち、少しずつ茶さんの食欲も戻ってきた。綾菜さんは当時の思いをこう語る。

 

「バッシングのなかでも加トちゃんが私をずっと守ってくれたので、ここから先は私が彼を守っていく番だと。これからの人生は、私が加トちゃんに恩返ししていこうという思いでした。ただ、あの期間は私にとって謙虚に生きるきっかけでもありました。たたかれていなければ私はもっと性格が悪かったかも、と今はそう思います(笑)」

 

復帰を果たしたものの、茶さんの年齢を考えると、いつ何があるかわからない。そう考えた綾菜さんは、ついに昨年から実践的な介護の知識を得ようと専門学校へ入学。130時間の研修を受け、この5月には幅広い分野でヘルパーができる介護職員初任者研修の筆記試験に合格した。

 

「これから先、彼に何があっても動じることなく、私がサポートしたいと思いました」

 

合格を報告すると、茶さんも「とても安心だよ。ありがとう」と喜んでくれた。綾菜さんは現在、介護福祉士を目指してさらに研鑽を積む日々を送っている。

 

「学ぶうちに健康寿命の大切さも知り、『自立支援』を心がけるようになりました。これまで私は『それ取って』といわれたら、瞬時に彼に手渡したり、なんでもしてしまっていました。けれど、それは本当の愛ではないということも学びました。彼にできることは私が手出しをしてはダメ。加トちゃんがどう動いてくれるかなと、今は考えています」

 

「女性自身」2020年9月15日 掲載

関連カテゴリー: