占い師・水晶玉子が指摘「渡部建さんは天中殺の過ごし方がNG」
画像を見る

「有名人のスキャンダルや離婚の報道などを見ていると、『やっぱり天中殺の時期だった』と、思うことが多いです。天中殺期間の行動や心の持ち方が、その後の人生を大きく作用していきます。重要なのは、どう過ごすかです」

 

そう指摘するのは、人気占い師の水晶玉子さん。水晶さんといえば、ゲッターズ飯田さんが、「唯一尊敬する占い師」と絶賛し、バラエティ番組などでタレントの結婚や運勢をズバリ言い当てることでも注目を集めている。

 

そんな水晶さんが誰にも訪れる「天中殺の乗り越え方」を教えてくれた。

 

「天中殺には、12年のうちに2年ある『年運』、1年のうちに2カ月ある『月運』、そして12日のうちに2日ある『日運』があります。そしてその天中殺がいつ訪れるかは12の干支の『子丑』『寅卯』『辰巳』『午羊』『申酉』『戌亥』の6つに分かれています。この時期は、『ただ悪いことだけが起こる時期』と思っている人が多いですが、ただ良い・悪いだけではありません」

 

水晶さんはこう続ける。

 

「なぜ“天中殺=悪いもの”と感じてしまうかというと、自分で運気をコントロールしにくい時期ゆえ、自分の意に反して、自分自身がそれまで秘かに隠してきたり見せてこなかったものが、表に出て明らかになったりするからです。でもそれは、その人の可能性を広げ成長するために訪れるイレギュラーな運気でもあります。そこで自分の我を通そうとすると、空回りしたり、状況に混乱が生じてしまいます。でもなぜか、危険なゾーンに無性に向かいたくなったり、なぜかそうせざる得ない状況に追い込まれたりもするんです」

 

その天中殺の影響を如実に受けていると感じたのが、アンジャッシュの渡部建(48)だと水晶さん。

 

「年運の天中殺がスタートした2020年、複数の女性との不倫が発覚しました。12月になって謝罪会見を開きましたが、渡部さんにとって、“年運&月運のW天中殺”での会見でした。ですからこのタイミングは、自分から危険な方へと向かってしまう天中殺の典型とも言えます。“天中殺の罠にかかってしまった”と、感じたんです」

 

では、どうすればよかったのだろう?

 

「天中殺の時期は、自分のことよりも、周りを優先して尽くすこと! それを第一に考えて行動しましょう。すると運気は穏やかになっていきます」

 

水晶さんは自身の経験を織り交ぜてこう話す。

 

「私自身、一昨年とその前年が天中殺でした。家族やペットの介護問題など、いろんなことが起こりました。仕事も多忙で、記憶がなくなるほど。自分自身のプライベートのことはほとんど何もできない2年間でしたが、そこでできる限り、家族や周囲のためにできることを優先するようにしたんです。天中殺は、怖がることなく、自分を見つめ直し、周りの人を大切にして過ごす。それが軌道修正と自身の成長へとつながる時期なんです」

関連カテゴリー: