「すごく若く見える!」を失礼に聞こえないように言い換えるには
画像を見る

何げなく発した一言のために、人間関係が悪化した、そんな経験はないだろうか。

 

「たとえよかれと思っての一言でも、相手にとってはとても失礼で、傷つけてしまうことがあります」

 

そう話すのはイメージコンサルタントの吉原珠央さん。確かに、口は災いのもとというが、悪意のない言葉をどう注意すればいいのか。

 

「誰でも失言の苦い記憶があると思います。ときどき思い出して『考えてから話そう』と意識することが大切です」(吉原さん・以下同)

 

ならば意識づけも兼ねて、練習してみよう。次の人間関係を壊しかねない「失礼な言い方」を、どう言い換えればいいか。吉原さんがクイズ形式で出題。

 

【Q1】「うん、すごく若く見える!」

 

ママ友とのランチ会に、がんばっておしゃれして出掛けたら、「すごくステキ!」という声に交じって聞こえてきた一言。

 

「本当は、発言者が“若く見られたい”のでしょう。だから、ほめているつもりだと思います。でもお友達なら、上から目線でほめるのは失礼。素直に見たままを表現するとよいでしょう」

 

言い換え:「すごく似合っているね」

 

【Q2】「たかがパートなんだから、そんなに嫌なら辞めれば?」

 

職場恋愛の末に結婚したので、夫の仕事の愚痴をよく聞いていたが、私が職場での悩みを話したら、夫が一言。

 

「『たかが』に深い意味はないと思います。『そんなに大変なら』と妻の体を気遣っているのかも」

 

言い換え:「大丈夫? がんばりすぎないでね」

 

【Q3】「でも、○○君は運動会ではヒーローじゃん!」

 

授業参観日、大きな声でギャグを言う息子を見て、恥ずかしくなっていたら、ママ友が一言。

 

「フォローしているつもりが、かえって傷つけてしまう典型ですね。『おもしろいね』と一緒に笑えば、ほっとするでしょう」

 

言い換え:「あのギャグ、はやっているよね。うちの子もよくやっているよ」

 

言葉が変われば、受け取る側の気持ちは大きく変わる。円滑なコミュニケーションや良好な人間関係を築くために、スマートな言葉を使うコツはあるのだろうか。

 

「これさえ守ればというコツはありませんが、自分で使わない言葉を決めておくのも一手です。Q2の『たかが』や『どうせ』などのネガティブワードも避けたほうがよいでしょう。ほかには『キライ』も、あえて使わなくてもよいでしょう。たとえばランチ会で『私、魚キライだからお肉にする』と言われたら、魚を頼みづらい雰囲気になるでしょう。言う必要のないことは、言わなくてよいのです」

 

「女性自身」2021年1月19日・26日合併号 掲載

関連カテゴリー: