image

(写真・神奈川新聞社)

横浜市中区の産業貿易センター地下にある飲食店「どん八」の看板メニュー、スペシャルカレー。最も大きいサイズ「LL」を今月末で終了する。店主の男性は「苦しんで食べる姿を見たくなくなった」と話す。

スペシャルカレーはヒレカツ、ロースカツが付き、S、M、L、LLの4サイズ。LL(1,800円)は直径40センチ以上の皿にL(1,400円)の倍量のカレーライスが盛られ、カツは別の皿で運ばれてくる。

客の要請もあって数年前にメニュー入りしたLLだが、完食率は3%程度。食材のロスに加え、店主は「1時間以上も苦しそうに食べる姿を見かねてしまった」と話す。今でも月に6、7人の注文があるが、最近ではL1皿をまず提供し、まだ食べられるようならもう1皿追加してLLの料金にしていた。

ボリューム満点を売りにする店だけに、「平成28年5月31日をもちまして販売終了」と書き入れたメニューが寂しそう。Lを2皿完食したら割引するサービスは継続するという。

関連タグ: